体の痛み改善作戦

頭痛のタイプと分類|体の痛み改善作戦

頭痛のタイプと分類

単に頭痛といっても原因も様々、痛みの出方も様々で頭痛にもいくつかの種類があります。

分類としては大きく三つに分けられ、「日常生活で起こりうる頭痛」「慢性的な頭痛」「脳の異常による頭痛」のいずれかになります。

日常生活で起こりうる頭痛

一般的に身近なものが、日常生活の中で起こりうる頭痛です。

ほとんどの人が経験したことがあり、原因としては風邪や二日酔いが主で、解消の日数においては個人差もありますが、どちらも自然に治ります。

もちろん風邪などがひどい場合は医療機関などで受診して適切な処置をうける方が回復は早いです。

慢性的な頭痛

慢性的な頭痛はいわゆる持病のくくりになります。
特に風邪を引いたり、ぶつけたり、二日酔いになったりしたわけではなく頭痛を引き起こします
この慢性的な頭痛にもまたいくつかのタイプがあり、片頭痛、緊張型頭痛、群発頭痛があります。

・片頭痛
片頭痛は日本では4人に1人がかかってるとまで言われていて、頭痛に悩まされる日本人の8割が片頭痛と言われています。

・緊張型頭痛
緊張型頭痛はデスクワークなどをしている人が起こる事が多い頭痛です。
デスクワークの際の姿勢が悪かったり、長時間のパソコンや書き物をしたことによる首や肩のコリ、そういったものが原因で引き起こします。
主な症状は後頭部あたりを中心として全体的に締め付けらるような鈍痛で、症状が酷い人だと3ヵ月程度頭痛が続く場合があります。

・群発頭痛
群発頭痛は別名自殺頭痛なんて呼ばれ方もしていて、心筋梗塞と尿路結石とならび三大痛に該当します。
症状としては人により表現は異なりますが、「頭をドリルで削られる」や「頭の裏側をキリで抉られている」などの想像し難い表現ですが、経験した人のほとんどが本当に死んだ方がマシだと考えるそうで、実際に自殺した人もいるくらいです。
詳しい原因は分かっておらず発生の可能性は1000人に1人の割合でとても低いですが、20代から40代の男性に多いです。

脳の異常による頭痛

慢性頭痛が一次頭痛と呼ばれるのに対し、もう一つは脳の異常による頭痛で、二次頭痛とも言われています。

分かりやすい病名はくも膜下出血で、痛みで意識を失うことも珍しくなく、頭痛というより脳にすごい衝撃を受けたような感じがあり、いきなり気が遠くなったり、激しい眩暈を起こします。

脳の異常による頭痛は早急に医療機関を受診する必要があります。

片頭痛の症状とは

頭痛の種類の1つに、片頭痛があります。

代表的な症状として、頭の片側がズキンズキンとひどく痛む症状が挙げられます。

仕事や日常生活に支障を来たす疾患の代表的なものであり、女性の患者が多い特徴もあります。

その呼び名からも片側だけが痛むことが考えられますが、患者さんの中には両側の頭痛を訴える人が4割います。
また、肩こりを伴うケースが多く、片頭痛の患者さんの75%が肩こりの悩みを持っています。
肩こりを伴う頭痛は緊張型頭痛に分類されがちですが、病名が違う場合もあるので注意が必要です。

原因となるのは、肉体的および精神的なストレスと言われており、7割以上の方がストレスを訴えています。

特徴的な症状として、頭痛が数日から数週間の間に発作的に起こりやすくなります。
割合としては月に1回から数回程度起こり、痛みが1日程度持続します。

じっとしているときは感じなくても、階段の上り下りや家事などの作業をしているとき、日常生活のちょっとした動作で痛みが増強することが多くあります。

そのほか、光や音、臭いに過敏になったり、ひどくなると吐き気やおう吐を伴います。

痛み方は、ズキンズキンとかなり痛みがひどく、頭のいずれか片側がに痛みを感じ、心臓が脈打つような拍動性の発作が繰り返されます。

ただし、両側が痛むケース、波打つような拍動がないケースもあるので、素人判断は禁物です。

対処法としては、現れる症状の逆を行うと落ち着くケースが多く、光等に敏感になり、日常動作で痛みを感じやすくなるため、明かりを落とした部屋で体を休めると、症状が落ち着いてくるケースが多くなります。

なお、人によっては痛みの発作が突然訪れるのではなく、前触れを感じるケースがあります。
患者さんの1割から2割程度にとどまりますが、目の前が眩しくなったり、目がチカチカとくらんで見えづらくなると訴える人がいます。
また、目の前にギザギザ模様の線が現れたり消えたりする、閃輝暗点という症状を訴えるケースもあります。

未だ解明されない片頭痛のメカニズム

慢性片頭痛とは

慢性的な片頭痛を持っていて日々悩まされている人は日本全体で約840万人にいます。
しかしその約75%が女性で、これは女性の月経周期や女性ホルモンが非常に深く関係している事が上げられます。

男女ともに多いのがデスクワークなどによる長時間にわたり同じ姿勢をとっていることなどが主な原因になる場合です。
長時間同じ姿勢でパソコン仕事や書き物などをしているとどうしても腰や首、肩などに負担がかかります。
その長時間の姿勢が悪ければ尚更で、別の部位にも支障をきたします。
肩や首のコリやハリを治療せずそのままにして、またデスクワークをする。そういったことが原因でハリはコリに変わり悪化して頭痛を引き起こすのが片頭痛です。

片頭痛は症状の度合いによって対策や、症状が変わりますが軽度の人だと日常の生活には支障がなく、痛みはありますが仕事もこなすことは可能です。

中度になってくると仕事中に痛みで作業を中断したり、家事をしていて痛みがひどく少し休んだりするようになります。

さらにここから悪化し重度になってくると仕事や家事などは一切できず数日間にあたり寝込むということもあります。
片頭痛を持っていると自覚する人は軽度のうちに治療を始めたり、デスクワークの際に背伸びなどのストレッチをして血行を良くするなど対策しておくことが必要になります。

具体的な改善策や治療法としては片頭痛にたいして効果があるお薬の服用や、医師などからも勧められる有酸素運動です。
ウォーキングやジョギングを会話をしながらするなどしてリラックスして行ったり、水泳やサイクリングなど趣味として楽しみながらできるものも理想的とされています。
軽度のうちにこうして対策をしておくことで症状の悪化を防ぐと共に治療効率も良くすることができます。

治療薬については医療機関を受診して処方してもらう方法や海外通販で入手することができる種類の医薬品もあります。

上記で説明した主な原因の他にも片頭痛を引き起こしたり悪化させたりする可能性があります。

・眩しい光

・不快を感じる騒音

・刺激が強い臭い

・急激な温度の変化(真夏の暑い日に外から冷房が強い部屋に入るなど)

予防にはまず、日常生活の中で上記のような原因をつくらないように気にかけてあげるのがとても大切です。

片頭痛治療薬マクサルトを通販で購入
▲このページの先頭へ