片頭痛の診断基準|体の痛み改善作戦

片頭痛の診断基準|体の痛み改善作戦

  1. トップ
  2. 片頭痛の診断基準

片頭痛の診断基準

片頭痛はもともと字のごとく頭の片側だけが痛くなることを差しますが、実際は40%近くの人は頭の両側に痛みを感じています。

片頭痛になる場合、前兆があって片頭痛になる場合と前兆がなく片頭痛になる場合があります。

視覚的な前兆

前兆とは、頭痛が起こる前の前触れのことで、キラキラした光が見えたり、閃輝暗点といってギザギザとした光が見えるなど症状があげらますが、その前兆の症状が起きてから1時間以内で頭痛が始まります。

片頭痛の特徴として4時間から72時間頭痛が続き、拍動性の独特のドクンドクンといった痛みがなどが上げられます。
そのため前兆があり、独特の痛み方を確認した場合は、その前兆の症状や特徴から片頭痛と診断される事が多いです。

前兆がない場合

このケースでは判断も難しくなりますが、頭痛の回数や、痛みが出ている時間などから診断されます。

頭痛の症状が出ている時間が4時間から72時間という事と、痛み方が拍動的な痛みで、仕事や私生活において影響が出る事などが上げられます。

さらに細かくなると、頭痛が出ている際に風邪などを引いていたり、他の咳や鼻水など症状が起きていないことや、悪心や嘔吐が上げられます。

頭痛の診断

前兆がある場合とは異なり前兆が出ない片頭痛の場合は、既に症状がある程度出てから異常に気付くので、気づいた時に既に中度か重度となっている可能性が高く、治療や改善において、軽度の時に比べて大変になります。

前兆のような視覚的異常を感じ、その後1時間以内に軽い頭痛でも出た場合は片頭痛の可能性があるため改善すべく対策を模索する必要があります。

医療機関などにおいて片頭痛の治療の対象となるのは中度から重度の仕事や私生活に支障が出るレベルの人です。

軽度の人は頭痛が本当に片頭痛なのか判断の見極めが難しいことから、様子を見るケースが多いので、偏頭痛のような症状を自身で確認したら症状が重くなる前に有酸素運動を取り入れたり、肩こりや首のはりなどを解消して症状を悪化を防ぐことがとても望ましいです。

▲このページの先頭へ