痛風の症状と原因|体の痛み改善作戦

痛風の症状と原因|体の痛み改善作戦

  1. トップ
  2. 痛風の症状と原因

痛風の症状

痛風とは、文字からも想像できるとおり、風が吹いただけでも痛みを感じるという病気のことです。

特に、足の親指付け根が痛くなることが初期症状として知られており、歩くこともできなくなるくらい、激痛が走ることがあります。

他には、関節痛を生じることもあります。
関節が熱を持って腫れることもあるため、リウマチの症状に似ていることでも知られている病気です。

最近は若い世代にも多くなってきているため、世間的にも注目を集めています。
と言うのも、現代的な食生活が大いに関係している病気でもあるからです。

痛風は尿酸値が高くなることで発症しやすくなります。

体内の尿酸値を上げる原因としては、アルコール摂取量の多さや肥満、不規則な食生活などが挙げられます。
生活習慣病にも大きく関係していることもあり、生活習慣を見直すことで予防に努めることが可能です。

尿酸が体内に溜まり、それが結晶となります。
結晶が関節など溜まり込んで、痛みを生じるという仕組みです。

痛風とは、高尿酸血症によって分解しきれない尿酸が結晶化して間接などに溜まる事で引き起こる痛みの事です。
間接に尿酸結晶が溜まっても直ちに痛みを生じる訳では無く、何らかの原因で結晶が剥がれ落ちる際に白血球が異物と認識して排除しようとする際に炎症を引き起こし、激しい痛みを生じます。
一般的に、尿酸値が7.0mg/dLを超えると結晶が間接に沈着すると言われています。
風が吹くだけで針に刺されたように痛い・炎症によって熱を持ち腫れるなど激しい痛みが特徴です。

出典:痛風の症状:お薬なび

つまり、痛風の症状を和らげるためには尿酸値を下げることが必要ということです。

痛風は初期症状が起こっても、1週間程度で症状がなくなることが一般的です。
そのため、治ったと勘違いして放置してしまう人も少なくありません。

しかし、放置することで、現実にはどんどん進行してしまっていることがあります。
症状の出方も、繰り返すため、できるだけ早期に専門医にかかることが大切です。

ひどくなってしまうと歩行困難となることがあり、日常生活にも支障をきたしてしまいます。

痛風の原因

痛風の原因となるのは尿酸です。

尿酸は血液中にあって体を循環しているものでだれもがもっているものですが、この尿酸は通常は尿とともに体の外に排出されるのですが、尿酸値が高くなっていくと血液中にとけきれなくなってナトリウムと塩をつくり、結晶化していくことになります。
この尿酸塩が関節の内面に沈着していきます。

そして、痛風の発作はこのできた尿酸塩が関節などに刺さったりすることによって関節痛などの痛みが発生する原因となっていきます。

痛風の初期の症状としては、足の親指に軽い痛みを感じるといったことや、膝に痛みを感じ始める、立ち上がるのがつらくなってくるといったようなことがあります。

こういった症状が継続的に続いていくと慢性的な症状となっていき、足の甲がはれたりして、靴を履くのもできないといったような末期的症状となっていきます。

この病気は昔は高齢者に多く発生する病気といわれていたのですが、最近では若者でもこの病気にかかる人がでてきています。
そのため、現代では年齢層に関係なくみられる病気となっているといってもいいでしょう。

性別では男性が圧倒的にこの病気にかかりやすくなっています。
これは、男性ホルモンなどの影響があるほか、生活習慣といったようなことも考えられます。
ですが、女性でもこの病気にかかる場合はあります。

年齢層では30代から40代が多いといったことがあり、これは食生活といったことが関係しているのではないかと考えられています。

▲このページの先頭へ