痛風治療薬ザイロリック|体の痛み改善作戦

痛風治療薬ザイロリック|体の痛み改善作戦

  1. トップ
  2. 痛風治療薬ザイロリック

痛風治療薬ザイロリック

痛風とは体内に溜まった尿酸が結晶化し、それが関節などに移動することで激しい痛みを起こす病気です。

症状が出るかどうかは尿酸値を測定することである程度知ることができますが、尿酸値が基準より高くても症状が出ないこともありますし、逆に基準より低くても症状が出ることもあります。

高尿酸値のまま放置しておくと発作が起きて足の親指がはれるなどの症状が出たり、腎臓を傷めてしまうことも考えられます。

もしも痛風の症状がでてしまった時の治療薬としてはザイロリックがあります。

通常、尿酸は血中では溶けにくいため、いつまでも体内に留まってしまう傾向がありますが、この薬を服用することで尿酸の元であるプリン体やヒポキサンチンなどの生成を阻害してくれるので、その結果として尿酸値を抑えることができるのです。

ザイロリックの効果は服用から3ヶ月程度経過すると現れてきます。

なお、この薬を服用しはじめの頃には痛風の発作が強く出ることがありますが、服用し続けることが大切です。

また、薬の効果をより強くするためにプリン体の多い食品の摂取を控えたり、水を多く飲んでプリン体を体外に排出するなどの生活改善も行うべきです。

副作用についてですが、比較的多く報告されている症状には食欲不振やいの不快感、倦怠感などがあります。

また、服用初期には尿酸が多く溶け出すために関節痛が強くでることがあります。
さらに、ごく稀に皮膚粘膜に炎症を起こすことがあります。
このような症状が見られた時は医師の診察を受けるようにしましょう。

痛風治療薬ザイロリックの通販

▲このページの先頭へ