片頭痛の特徴|体の痛み改善作戦

片頭痛の特徴|体の痛み改善作戦

  1. 片頭痛のオススメ治療薬
  2. 片頭痛の特徴

未だ解明されない片頭痛のメカニズム

片頭痛というのは、一般的には頭の片側がズキンズキンと痛む頭痛が、月に1度から数回程度繰り返される症状を言います。
もっとも、約4割の人は両側の痛みを訴えており、片側だけとは一概にはいえません。

片頭痛がなぜ起こるか、そのメカニズムは実は明確ではありません。

血管が拡張して頭痛が起こるとする説のほか、中枢神経に何らかの異常が生じるという説、三叉神経にストレス等の刺激が加わって炎症を起こす物質が発生するという説などがあります。

痛み方の特徴

痛み方の特徴としては、こめかみから目の周囲にかけて、基本的には片側だけが、ズキンズキンと心臓の鼓動が波打つように拍動性の痛みが生じます。

また、ズキンズキンと脈打ったような痛みが典型的といわれるものの、そうではないケースも多く、約半数の人が非拍動性の痛みを訴えています、また、頭痛と同時に肩こりの症状を訴える人が、75%おり、典型的な合併症という見方もあります。
痛みが酷くなると吐き気がしたり、実際に嘔吐してしまうケースもあります。

このように酷い症状があるほか、動いたり明るいところにいると痛みが酷くなるため、仕事や家事に支障をきたすケースも少なくなく、痛くて動けなくなる人も少なくありません。

痛み方としては、月に平均して2回から6回ほど痛みが襲ってきますが、その発作が過ぎれば問題なく過ごすことができます。

痛みの発作が起こる前兆として、生あくびを頻発したり、首すじの張りなどを感じるケースや、目の前がチカチカしたり、目がまぶしく感じるなどの症状が出るケースがあります。

▲このページの先頭へ