偏頭痛で困ること|体の痛み改善作戦

偏頭痛で困ること|体の痛み改善作戦

  1. トップ
  2. 偏頭痛で困ること

偏頭痛で困ること

偏頭痛は軽度の場合だとちょっとした頭痛かなと、そこまで深く考えず気にも留めない人がほとんどです。
大体の場合が偏頭痛と気づかずに生活していて、そのうち悪化して頭痛が4時間から72時間続いたり、拍動的な痛みを伴ったりと、偏頭痛の特徴が出始めて異常に気付きます。

偏頭痛は困ったことにかなり厄介で、外部の影響をとても受けやすく、強い光や、騒音、急激な温度変化などにも反応し頭痛を引き起こすこともあるので、日常生活で様々な部分で気を遣わないといけなくなります。
そうした生活をしていると、緊張や気疲れ、不安などがストレスとなり片頭痛をより引き起こしやすくします。
つまりはここで一つの悪循環を生むこととなりますが、こういった負の連鎖が起きる状態になるとまず自力で改善を行っていくのはとても難しく、無理に改善しようとすることでさらなるストレスを生み出すなど、改善どころか悪化する可能性の方が高くなってしまい、より悪化の一途を辿ってしまいます。

800万人の日本人が編頭痛に悩まされている

悪化して症状が酷くなると仕事どころか普段の私生活にも支障が出始め、頭痛が出るたびに寝込んだりすることも増えてきます。
] 寝込むと言っても痛みが酷すぎて吐き気を催すなど、落ち着いて睡眠すらもしっかり取ることができない場合が多く、その結果、睡眠不足からまたストレスを生み出し体調を崩してしまい、違った病気や症状を引き起こす可能性も出てきてしまいます。

偏頭痛は日本でも800万人以上の人が悩まされていています。

初期症状の段階で単なる頭痛と侮って軽視すると私生活すら脅かされる可能性がある非常に厄介な病気です。

日々の生活からストレスを受けやすい環境下にいる人や長い時間にわたりデスクワークをする人、仕事の都合などで不規則な余儀なくされている人などは、偏頭痛を引き起こしやすい生活をしている人と言えますので、なるべくリフレッシュを目的とした運動やストレッチをしたり、適正な睡眠時間を取るなど常日頃から規則正しい生活を心がけるように気を遣う必要があり、こうした少しの改善でも偏頭痛を引き起こす可能性を下げるきっかけにすることができます。

▲このページの先頭へ