体の痛み改善作戦

片頭痛薬の購入は通販がお得。オススメの治療薬を紹介。

片頭痛のオススメ治療薬

女性

片頭痛の治療薬には頭痛が起こってから飲む薬と片頭痛の発作の回数を減らしたり症状の軽減を目的とした薬の2種類があります。片頭痛が起こった時に飲む薬は急性期治療薬と言われ、一般的には片頭痛薬と呼ばれています。もうひとつの薬は片頭痛の予防療法で使われる片頭痛予防薬です。

病院で処方してもらえる薬もあれば通販でしか手に入らない薬もあります。通販を上手に利用することで片頭痛を改善してくれる薬を非常に安く手に入れることができます。ここでは通販で購入できるオススメの片頭痛薬を紹介したいと思います。





片頭痛薬 (急性期治療薬)

マクサルトのジェネリック医薬品リザクト

リザクト

インドのジェネリック医薬品の筆頭メーカー、シプラ社が製造するマクサルトのジェネリック医薬品、リザクト。先発薬のマクサルトと効果も同様で即効性のある片頭痛薬です。ジェネリック医薬品なので価格も安く抑えられていて経済的な負担も軽く人気の商品で、通販を利用することで病院よりもさらに安く購入することができます。

リザクトの詳細はこちら

リザクトの購入はこちら



種類が豊富なイミグラン

イミグラン

急性期治療薬のイミグラン。片頭痛が起こった時に服用することで過度に拡張した血管を収縮させ正常にすることで、片頭痛による痛みを和らげます。また、血管周囲の炎症を抑える効果もあるので炎症によって引き起こる片頭痛にも効果的です。種類も豊富で錠剤・点鼻薬・注射の三種類から選ぶことができます。

イミグランの詳細はこちら

イミグランの購入はこちら



バランスの取れたイミグランジェネリック

イミグランジェネリック

イミグランのジェネリック医薬品イミグランジェネリック。急性期治療薬として使われていて効果はイミグランと同様になっています。即効性と持続性の両方に優れた効果を持っておりバランスの取れた急性期治療薬です。一錠150円と価格も抑えられているので、安く購入したい方はイミグランジェネリックがオススメです。

インデラル・ジェネリックの詳細はこちら
※リンク先はイミグランの詳細です。

インデラル・ジェネリックの購入はこちら



血管の拡張を抑えるスミナット

スミナット

スミナットは急性期治療薬でイミグランのジェネリック医薬品になります。セロトニンと呼ばれる物質に直接作用し拡張した血管を収縮することで片頭痛の症状を緩和をします。即効性もあるので前兆のない偏頭痛患者でも比較的早い段階で痛みを取り除くことができます。

スミナットの詳細はこちら
※リンク先はイミグランの詳細です。

スミナットの購入はこちら



持続時間が長いレルパックス

レルパックス

急性期治療薬のレルパックス。片頭痛の痛みの緩和はもちろん他の急性期治療薬と違う点が持続時間です。他の治療薬が体外へ抜けやすいのに対しレルパックスは体外に出て行きにくいため、片頭痛の再発を予防する効果があります。片頭痛による痛みが長続きする方はレルパックスを利用すると良いでしょう。

即効性があるマクサルト

片頭痛薬として有名なマクサルト。即効性が高く痛みが始まってから30分以内に服用することで最も高い効果があり、血管の収縮や血管の周囲の炎症を取り除くことで片頭痛の痛みを和らげます。アメリカのメルク社で開発され、2003年には国内で販売され多くの片頭痛患者を救ってきた片頭痛薬です。

マクサルトの詳細はこちら

マクサルトの購入はこちら
※リンク先はマクサルトのジェネリックです。



片頭痛予防薬

緊張を和らげるインデラル

インデラル

インデラルは片頭痛の予防治療に使われる薬で 毎日服用することで片頭痛の発作回数の減少、症状の緩和を期待できます。心臓や血管に緊張が伝わらないようにし脳内血管の拡張を未然に防ぎます。仕事や育児などの緊張で片頭痛が引き起こる方に効果的に効きます。

インデラルの詳細はこちら

高血圧にも効くインデラル・ジェネリック

インデラル・ジェネリック

予防治療薬のインデラルのジェネリック医薬品でインデラルと同じ効果を持っており、ジェネリック医薬品のため一錠あたり23円と非常に安くなっています。血圧を下げる作用があり血圧により血管が拡張することを避けることで片頭痛を起こりにくくします。軽度の片頭痛の方や急性期治療薬だけでは効かないという人にオススメです。

インデラル・ジェネリックの詳細はこちら
※リンク先はインデラルの詳細です。

負担の少ないシベリウム

シベリウム

片頭痛予防薬の中でも体への負担が少ないため高齢者でも服用することが可能な薬です。また糖尿病患者や高脂血症の患者でも影響を与えないので服用することができます。日本では発売れておらず、通販のみの販売で1錠60円と非常に安くなっており、安く片頭痛薬を手に入れたい方はシベリウムを利用するといいでしょう。

片頭痛薬は通販で購入するのがオススメ

パソコン

片頭痛薬は病院で処方してもらうのが一般的になっていますが、通販でも購入することは可能です。近年のインターネットの普及によりネット通販事業が大きく拡大していて、それによりいつでも・どこでも手軽にほしい物が通販で購入できるようになり、今や通販で薬を購入することができる時代になりました。片頭痛薬も通販で簡単に手に入れることができます

片頭痛薬を通販で購入するメリット

パソコン

病院に行く時間や診察待ちの時間をしんどく感じたことはありませんか?仕事をしている方なら会社を休まないといけない場合もあるのではないでしょうか。会社を休まずに薬が手に入ればいいのにと思うことはありませんか?ほとんどの人は病院に行った事があると思うのでそう感じてきた方も多いかと思います。そう感じてきた人には通販で購入することをオススメします。

通販を利用することで以下のようなメリットがあります。

  • 病院に行く必要が無い(交通費などがかからない)
  • 価格が病院より安い
  • 24時間いつでも注文することができる
  • いろんな種類から自分で選べる
  • 他人に知られずに購入できる

通販を利用することでまず病院に行く必要がなくなります。これは忙しい人にとって嬉しいことですよね。仕事で忙しい人は診察時間に合わすことできなかったり、病院に行く時間が無かったりするかと思います。家事や育児に追われてなかなか病院に行くこともできない人もいるのではないでしょうか。

そんな方でも通販を利用することで病院に行く時間が省け、待ち時間や診察時間もなくすことができ24時間いつでも注文できるので時間を有効的に使えます。病院に行く手間などを考えるとちょっとした時間で薬を購入できる通販の方が断然いいですよね。また、他人に知られることが無いのでED治療薬やピルなどデリケートな問題でも通販なら間単に購入することができます。

次に価格の安さ。片頭痛薬を病院で処方してもらうと効果が高くなるにつれ価格も上がります。その価格も病院では一錠約1000円くらい。保険が適用されても診察代などのいろいろな経費がかかってきます。それに比べると通販は診察代などがかからないので最小限の経費で抑えられます。片頭痛の治療は長期的になることが多いので病院で処方してもらうのと通販で購入するのでは莫大な金額の差が生まれます。同じような薬を購入するなら価格が安いほうがいいのではないでしょうか。

また、種類の豊富さも通販のメリットです。片頭痛患者の場合、薬の効果に個人差があるので単純に効果が高いからといって購入しても効き目が無い場合があります。それは病院処方でも同じことが言えます。それなら上記で書いたように金額の安い方を選んだほうがお得ですよね。安く購入していろんな薬を試すことができることも通販のメリットになります。

片頭痛薬通販の注意点

通販を利用することで多くのメリットがありますが、気をつけなければいけない点がいくつかあります。ここでは通販で購入する際の注意点を説明していきます。

通販といえば大手の通販会社サイトのAmazonや楽天などがすぐに頭に浮かぶと思いますが、片頭痛薬は残念ながらどちらでも購入することはできません。なぜなら一般的な通販サイトは処方箋を必要とする医薬品は扱うことができないからです。

じゃあどうやって購入するの?って思われる方が多いのではないでしょうか。これは個人輸入代行業者を通すことで購入することが可能になります。個人輸入でも購入することもできますが、代行業者を通したほうがいろいろな手続きを済ましてくれるので一般的に使われている通販サイトと変わりなく簡単に購入することができます。しかし、注意しなければならないのがあくまで個人輸入に変わりはないので他人に譲ったりすることは認められてはいません。

片頭痛薬を通販で購入しようと考えている方は個人輸入代行業者の「お薬なび」を利用するといいでしょう。安心と信頼の通販サイトと評判が高く、メーカー純正品を扱ってながら定期的に薬の安全性や有効性の確認をしています。また無記名の梱包ですので何を購入したか他人に知られることもありません。国内まで運び困れると追跡が可能になり、手元にいつ届くかなどを知ることができます。



個人輸入とは 海外医薬品を購入する際に必要となるのが個人輸入です。個人輸入とは外国の製品を個人で使用する目的で、海外の通信販売業者・小売店・メーカーなどから個人が直接購入する方法です。個人が使う目的なので他人への譲渡や転売は禁止されています。また購入の際にいろいろと面倒な手続きがあります。どのような薬を輸入するのか運賃はどれくらいかなどがありますが、これらの手続きを請け負ってくれるのが個人輸入代行業者です。

また、海外医薬品は処方箋もなく医師を通さないので副作用が起きた場合や後遺症が残った時などの責任も自己責任となります。ですが、片頭痛薬は個人差があり薬によって副作用が出たりしますが、片頭痛薬を服用し後遺症や重篤な症状に陥ったという報告はありません。

他にも通販ではすぐに入手することができないため注意しなければなりません。個人輸入は海外からの発送になるので今日、明日必要になっても手に入れることは難しいでしょう。うっかり注文し忘れてしまった時にも片頭痛が起こってしまう可能性もありますが、定期的に購入する日を決めたりすることで注文のし忘れは防げるでしょう。

注意点
  • 個人輸入または個人輸入代行業者からでないと海外医薬品は購入できない
  • 購入した薬による副作用などは自己責任
  • 手元に届くまでに多少時間がかかる

片頭痛薬を通販で購入する方法

上記でも少し説明しましたが、片頭痛薬を通販で購入するには個人輸入代行業者を通して購入するのが最も簡単です。ドラッグストアや薬局には販売されていないので手に入れる方法は病院で処方してもらうか、通販になります。片頭痛薬を通販で購入する場合は以下のような流れになります。

  • 通販サイトから片頭痛薬を選び注文
  • クレジットカード払いか口座振込みのどちらかを選ぶ
  • 通販サイトから海外の業者に商品の発注を依頼
  • 手元に届くのを待つだけ

個人輸入と聞いてしまうと難しく感じるかも知れませんが、そんなことは無いのです。個人代行輸入業者を通しても一般的な通販サイトの購入方法と変わりなく購入することができます。好きな商品を選び注文、支払い。これだけで後は届くのを待つだけになります。こんなにも簡単に片頭痛薬を購入することができます。

片頭痛薬の即効性や持続性の違い

薬を服用

片頭痛は個人差があり片頭痛薬であればどの薬でも良いというわけではありません。単に片頭痛薬といってもいくつも種類がありますし、効果・持続時間など薬によって様々です。あれは効くけどこれは効かないといったこともあるのではないでしょうか。また、片頭痛薬の持続時間が短くて片頭痛が再発してしまう人もいるのではないでしょうか。片頭痛薬の特徴を知って自分の症状に合った薬を選びましょう。

片頭痛の症状についての詳細

片頭痛と市販の鎮痛剤との違い

片頭痛ですが鎮痛剤で頭痛を抑えている方は多く居るでしょう。痛みは治まりますが、鎮痛剤の効果が切れるとすぐに痛み出したりしていませんか。そのため日何度も鎮痛剤を服用していませんか。その行為は大変危険です。薬物乱用頭痛になる可能性があります。片頭痛薬と鎮痛剤をきちんと使い分けることで片頭痛の症状悪化のリスクを減らすことができます。

そもそもなぜ片頭痛の方は鎮痛剤に頼りがちになるのか。それを知るにはまず薬の特徴を知らなくてはなりません。

市販の鎮痛剤
  • 簡単に手に入る
  • 痛みを鈍くする作用がある
  • 汎用性がある
片頭痛薬
  • 病院か通販でしか手に入らない
  • 血管を拡張したり収縮させ正常に戻す

片頭痛患者が鎮痛剤を使ってしまう一番の理由としては、ドラッグストアや薬局で誰でも簡単に購入できるという事でしょう。片頭痛薬を購入するとなると時間を割いて病院に行くか、すぐに手元に届かない通販でしか購入することができないからです。

2つ目に挙げられるのが鎮痛剤でも片頭痛は抑える事ができる。確かに痛みは抑えられます。しかし、鎮痛剤で片頭痛を抑えきれるのは軽度の片頭痛患者だけになります。症状が軽いので鎮痛剤で痛みを抑える事は可能ですが、中度~重度の片頭痛患者には鎮痛剤は有効ではないのです。そして、軽度の片頭痛患者は自分が片頭痛と気づいてないために、単なる頭痛という勘違いで鎮痛剤を使用してしまう人が多いのが現状です。

上記に挙げたとおり鎮痛剤は痛みを鈍くするため頭痛が治まったように思えますが、頭痛の原因を取り除いてるわけではないので、鎮痛剤の効果が切れると、また頭が痛み出すこともあります。片頭痛薬は頭痛を起こしている原因に直接作用することで頭痛を取り除くので、鎮痛剤のように薬が切れて痛み出すこともほとんどありません。また、鎮痛剤を服用しすぎると薬物乱用頭痛になる危険性があり、片頭痛を悪化させる可能性があるので片頭痛薬できちんと改善しましょう。

5種類のトリプタン製剤

上記では鎮痛剤と片頭痛薬ついて話しましたが、ここでは片頭痛薬の中でも即効性や持続時間の違いについて紹介したいと思います。主に片頭痛薬に使われる薬剤は5種類あります。これらをまとめてトリプタン製剤といいます。トリプタン製剤の中でも5種類の有効成分などがそれぞれ違うため即効性・持続時間が変わってくるのです。片頭痛薬選びは即効性・持続時間が重要で前兆がない患者はいきなり頭痛がくるので即効性があるものが良かったり、頭痛が長続きするような方には薬の持続時間を優先して選んだほうが良かったりします。頭痛の症状に合わせて選ぶようにしましょう

以下が現在片頭痛薬に使われているトリプタン製剤です。

商品名 種類
イミグラン スマトリプタン
ゾーミック ゾルミトリプタン
レルパックス エレトリプタン
マクサルト リザトリプタン
アマージ ナラトリプタン

この5種類の薬を飲んでから2時間経ったときの片頭痛の改善率と、その後の片頭痛の再発率を比較した実験があるので、以下を参考にしてください。

トリプタン製剤の服用から2時間経った時の片頭痛の改善率と最高血中濃度到達時間(Tmax)


最高血中濃度到達時間(Tmax)
薬を服用した時間を0時間として薬の効果が一番現れる時間。最高血中濃度到達時間(Tmax)が少なければ少ないほど薬の効果が速くでます。


改善率 商品名 Tmax
68.6% マクサルト 1.0時間
63.5% ゾーミッグ 3.0時間
62.7% イミグラン 1.8時間
48.9% レルパックス 1.0時間
48.6% アマージ 2.7時間

最高血中濃度到達時間(Tmax)が短いほど薬の効果が速く出ます。ですから、マクサルトはTmaxが1.0時間と短いので効果が現れるのが速いことがわかりますね。また服用から二時間後の改善率も半数以上あり非常に即効性に優れています。前兆のない片頭痛患者やすぐに頭痛を治めたい人にはマクサルトが有効です。ゾーミックはTmax3.0時間と5種類の中で一番遅いながらも改善率はマクサルトに続いて二番目になっています。少しずつ効果が現れてくるタイプの薬です。

トリプタン製剤の服用から2時間経った時の頭痛再発率と、薬の半減期



半減期とは?
薬の効果が一番現れてから薬の効果がなくなるまでの時間。時間が長いほど薬の持続時間が長いことになります。


再発率 商品名 半減期
21.4% アマージ 5.1時間
27.8% イミグラン 2.2時間
28.4% レルパックス 3.2時間
30.3% ゾーミッグ 2.4時間
36.9% マクサルト 1.6時間

半減期が長いほど持続時間に優れ片頭痛の再発率が下がります。この中ではアマージが半減期が5.1時間と長く体から抜けにくいため再発率が低いのです。効果が速いマクサルトは即効性はありますが半減期が他の片頭痛薬より短く薬の持続時間がありません。片頭痛が長引くような人は半減期が長いアマージやレルパックスを服用することをオススメします。このようにそれぞれ特徴があり、速く効く片頭痛薬もあれば、持続時間が長い片頭痛薬もあるため自分の症状に合った片頭痛薬を選ぶ必要があります。

片頭痛のそもそもの原因ってなに?

片頭痛は何が引き金で起こるのか解明されてなく、遺伝や精神的な要因、環境的な要因があり、食事でさえも片頭痛を起こす原因になります。

特に片頭痛は遺伝性が強く、親が片頭痛を患っていると、子どもに遺伝する確率は70%以上とも言われています。しかし、頭痛を引き起こしている原因を特定することで、片頭痛の改善が期待できます。特定の食べ物を避けると、片頭痛が無くなったという報告もあります。片頭痛を改善するには、まず原因を知ることが大事です。

原因について詳しく

片頭痛の症状

片頭痛は頭の片側あるいは両側の頭痛が起こります。主に、こめかみから目のあたりにかけて、心臓の脈に合わせるような激しく痛む発作性の頭痛です。
日本では、15歳以上の人口8.4%、およそ840万人が片頭痛に悩まされていると推測されています。男女比で見ると女性の人が圧倒的に多く、特に20代から40代に集中しています。なかでも、30代女性は5人に1人が片頭痛を持っているといわれています。

片頭痛の症状は一人一人違います。前兆のある片頭痛や前兆のない片頭痛。他にも様々な症状があります。自分の症状を把握した上で、自分にあった片頭痛薬を選びましょう。

予防薬について詳しく

片頭痛の予防

片頭痛は急性期治療薬で抑えるだけではありません。急性期治療薬はあくまでも対処法で、片頭痛の改善方法ではありません。
予防薬を使うことで症状の軽減、発作頻度の減少ができます。急性期治療薬が効かなくなった人や急性期治療薬だけでは日常生活に支障が出てしまう人にも予防薬はオススメです。また日常生活の中で、簡単にできる予防方法も紹介します。

予防薬について詳しく

片頭痛薬の体験談

こちらでは実際に片頭痛薬を使った人の体験談を紹介します。片頭痛薬を通販で購入して使ったことのない人や今服用している片頭痛薬から変えようかなと思っている人は参考にしてください。

片頭痛薬リザクトの体験談(女性 27歳)

私は頭痛持ちです。
片頭痛といって、月に何度か頭の片側が酷く痛むのです。
ズキンズキンと波打つような痛みで、仕事はもちろん、家事もできません。
特に低気圧の日になる気がして、そんな日はずっと臥せっています。
同僚や家族からは困ったものだと白い目で見られるのですが、本当に辛いのです。
市販の頭痛薬は常備していますが、片頭痛専用ではないせいか、思うような効き目がありません。

インターネットで調べていたところ、片頭痛専用のマクサルトという薬があることを知りました。 さらにネットで調べると、リザクトというマクサルトのジェネリック医薬品を見つけました。 ジェネリックなら安くて買いやすいです。

初めての使用で、私に効くかどうか不安でしたので、高い物を買うより安い物が安心です。 そこで、早速、海外通販を利用することにしたのです。海外通販は初めてで、最初は勇気が要りました。

以前、洋服を通販しようとしたところ、英語で読めず、しかも、ドルで金額が表示されていたのであきらめたことがあったからです。ですが、薬の海外通販サイトは全て日本語で書かれており、薬の説明もしっかり理解できました。お値段も全て日本円なので、購入しやすいです。注文してから10日ほどで、国際郵便で届きました。

その後、片頭痛が起きたときに服用したのですが、いつもなら1日中苦しむところ、30分程度で、痛みが和らいできたのです。
それ以降、リザクトさえ持っていれば、仕事を休むこともなくなりました。

リザクトの詳細はこちら

リザクトの購入はこちら


片頭痛薬イミグランの体験談(男性 35歳)

35歳の会社員です。私は二年前くらいに群発型頭痛が発症しました。会社の同僚と息抜きに居酒屋に行ったときにいきなり頭痛が起こってそのままうずくまってしまいました。その時の痛みは強烈でなんと例えていいのか分からないほどです。無理に例えるなら五寸釘を目の後ろにガンガンと打たれているような感覚です。(そんな経験ないですが)人によってはそれ以上の痛さを感じる人もいるようです。

それから同僚が病院に連れて行ってくれて、頭が痛い中いろいろな検査をしたんですけど結局原因が分からないとのことでした。聞いたときは「え?」ってなりましたが、医者が原因が分からないのでおそらく片頭痛の一種だろうと言ってました。そんなに片頭痛の診断ってあいまいなのと思ってネット調べましたが、そうみたいですね。原因が分からないので様子を見ながら判断するしかないみたいです。様子を見ていく中で結果的に私の場合一度頭痛が起きると長引く傾向があるので、群発型頭痛と診断されました。

それからしばらくの間は病院に通っていましたが仕事が忙しくなり、病院に行く時間が作れそうにないので群発頭痛を抑える方法はないかネットで探してたところお薬なびでイミグランを発見しました。でも、その時はイミグランという薬すら知らなかったので医者に飲んでも大丈夫な薬か確認しました。私のような群発型の頭痛にでも有効らしく購入することを決意。

海外医薬品なので面倒な手続きがあるかと思ったら、いつも利用している通販と同じような手順で簡単に購入できました。その時はその簡単さが怖かったりしましたけどね。偽物じゃないかとか思ったり・・・。でもそんなことは無くてちゃんと頭痛も治まりました。もうあの強烈な痛みを味わいたくないので定期的に購入するようにしています。

あと初めて購入した後に気づいたんですが、通販の方が病院よりもとても安いですね。手に入れることに必死で値段とかあまり気にしていませんでした。経済的だし、頭痛も治まるのでずっとこっちを使おうと持っています。


片頭痛薬レルパックスの体験談(女性 28歳)

大学の頃に片頭痛を発症して社会人になった今も片頭痛が治らずたまに発作が起きます。大学二年の頃に勉強や進路・バイトなどもあり忙しくて遊ぶ暇もないほどでした。その頃から徐々に体調を壊し始めてて、たびたび頭痛が起きるのでロキソニンやイブをよく使っていました。今思えばあの時にはすでに片頭痛を発症していたんだと思います。目がチカチカしたり前兆らしきものもありましたが全く気にしていませんでした。疲れだと思っていたので。

それから少しの期間だけバイトの出勤を減らしてもらい体調は良くなりましたが、頭痛だけは治りませんでした。その時は疲れが残っているんだろうとしか思ってなくて、とりあえず鎮痛剤を飲んでいれば治まるのでそのままやり過ごしていました。しかし、ある日バイトが終わってから自宅でゆっくりしているといきなり脈打つような頭痛がきてうずくまってしまいました。とても痛かったのを覚えています。次の日に病院に行き片頭痛を発症していることをしりました。目のチカチカするという症状があったのですぐに片頭痛だといわれました。

友達にこのことを話すと片頭痛薬を通販で買えることを教えてもらいました。私の頭痛は結構長引くので数種類ある片頭痛薬の中から効き目の長いレルパックスを購入しました。その効き目におどろきました。以前までの痛みとは全く比になりません。鎮痛剤を使用している時でもこんなに痛みが抑えられることは無かったです。

今でも片頭痛が起きた時はレルパックスを飲んでいます。それとちょっと前から予防薬も飲んでいます。予防薬を飲むようになってからは発作の回数も減ったし症状も軽くなったのでお気に入りです。片頭痛の方はレルパックスと予防薬をぜひ試してみてください。


片頭痛予防薬インデラルの体験談(女性 35歳)

緊張型頭痛持ちです。友達に通販で片頭痛の予防薬であるインデラルを買える事を教えてもらったのがキッカケでお薬なびを利用しています。月に2・3回くらい片頭痛になりますが、インデラルを毎日服用しているおかげでひどく痛むことはないので助かっています。ストレスを溜めすぎると片頭痛が起きるので常備薬として切らさないように購入しています。

インデラルを服用する前は月に何回も片頭痛が起こるし、痛みもひどくて頻繁に片頭痛薬を服用していました。その頃は予防薬があるなんて知らなくて片頭痛薬のみに頼っていました。友達にその時の現状を話すと片頭痛薬を飲みすぎと言われ薬物乱用頭痛になってもっと悪化するかもとも言われました。友達も片頭痛だったのでとても詳しいのです。

幸い私は薬物乱用頭痛にはなっていなかったらしく、それから片頭痛薬をあまり服用しないようにと予防薬のインデラルを購入しました。さすがにあの時はまだ発作が起こるときつかったのでインデラルと片頭痛薬療法服用していました。一年以上は両方服用してたんですけど、いったん片頭痛薬を止めてからはインデラルを毎日服用しているだけです。


片頭痛薬のよくある質問

疑問
片頭痛薬で一番効果があるのはどれですか?
片頭痛は個人差があり症状も様々なため何が一番と言うことはできません。前兆のある・なしでも服用する片頭痛薬は異なったりします。自分の症状を把握した上で自分にあった片頭痛薬を選ぶことが重要です。

片頭痛の症状についての詳細

なにが原因で発作が起こるか分からない。
片頭痛が起きるのには個人差があり、遺伝や食べ物など様々な理由があります。どういった要因で片頭痛が起こるのか知ることが必要です。

片頭痛の原因について詳しく

片頭痛薬や鎮痛剤で薬物乱用頭痛になった時の治療はどうするの?
薬物乱用頭痛は片頭痛薬または鎮痛剤の飲みすぎによって起こるものです。ですから、第一にその原因となった薬物を中止することです。それから予防薬などで治療していくことになります。

予防薬について詳しく

片頭痛薬を飲んでいるけど痛みが引かない。
片頭痛には個人差があり、症状によって効果のある薬もあれば効き目がない場合もあります。自分の症状を把握した上で症状にあった薬を選ぶことが大切になります。

片頭痛の症状についての詳細

片頭痛予防薬を飲んでいたら片頭痛は治りますか?
いいえ。予防薬はあくまで予防のための薬です。片頭痛の発作回数を減らしたり、症状の緩和をする働きはありますが、片頭痛自体を治すことはできません。原因を知ることで片頭痛を改善できます。

片頭痛の原因について詳しく

予防薬ってどんな効果があるの?
片頭痛の予防薬は片頭痛の発作の減らしたり、頭痛が起きた時の痛みを軽減する効果があります。

予防薬について詳しく

▲このページの先頭へ