体の痛み改善作戦

イミグランの副作用、効果、通販方法

  1. 片頭痛のオススメ治療薬
  2. 片頭痛治療薬イミグラン

イミグランの副作用

イミグラン

片頭痛の発作が起こった時にはすぐに薬を服用したいところですが、気になるのは副作用です。イミグランは片頭痛に対して効果的な薬で、服用している人が多いからと言って絶対に安心とは言えません。服用する前に確認しておきましょう。

主な副作用の症状として、めまいや動悸、吐き気、倦怠感、眠気、体の痛みなどが多く、フワフワした感覚になることもあります。イミグランを服用して胸に違和感を感じる人や痛み、圧迫感、動悸などの症状が出た場合は念のため心電図検査を受けることを考慮しましょう。
大抵の場合は一時的に出る症状なので心配はいりませんが、気になる人は医者に相談することをおすすめします。

また、イミグランの飲み始めにはノドにつかえた感じや胸の圧迫感が生じることもあるようで、海外では狭心症や不整脈になったという報告があります。国内での報告はありませんが、中高年の人は特に注意してください。

イミグランを服用することで重い症状に陥ることはめったにありません。しかし、心臓が弱い人は胸の痛みや脈が乱れたりすることがあります。他にもアナフィラキシーショックによって気持ちが悪くなったり、顔面蒼白、蕁麻疹、全身発赤、てんかんの発作によるけいれんなどの症状があります。めったに出る症状ではないですが、初期症状として現れた場合は早急に病院で受診してください。

イミグランの副作用はなぜ起こる?

イミグランは片頭痛を抑える有効な作用がありますが、副作用が起こる場合もあります。副作用が気になる人副作用が強く出てしまう人は服用する際のポイントとして空腹時を避けるようにしてください。空腹時は薬の効果が出やすくなる反面、胃や腸に負担を掛けやすくなってしまいます。片頭痛薬はもちろん、市販の鎮痛剤でも胃腸障害になってしまうこともあります。

鎮痛剤は胃の粘膜の分泌を減少させるので、副作用として胃のむかつきや胃の痛みといった症状が現れます。薬を服用するには一口分の水で十分に服用できますが、コップ1杯分の水で服用することが良いとされています。胃などの粘膜を守り副作用が出にくくなります。

水かぬるま湯で薬を服用することも重要です。
水かぬるま湯で服用することで副作用を最小限に抑えることができます。アルコールでの薬の服用は効果を薄くしたり、副作用を出やすくなるのでいけません。片頭痛に有効とされているコーヒーやお茶などのカフェインを含む飲み物も注意しなければなりません。軽度の症状の時にはカフェインが血管を縮めてくれる作用があるので片頭痛に有効とされてきましたが、カフェインを含む飲み物で薬を服用すると副作用が強く出ることがあるので避けましょう。薬を飲む際は水かぬるま湯で飲むようにしましょう。

副作用を抑えるには?

副作用を抑えるためには決められた用法・用量を守ることです。薬の効き目がないからと言って決められた用量以上に服用してしまうと副作用が強くでることもあります。また、薬物乱用頭痛になることもあります。薬物乱用頭痛になると痛みに敏感になり片頭痛の症状が悪化してしまいます。症状の悪化だけではなく、薬の効果も効きにくくなるため、決められた用法・用量はきちんと守りましょう。

イミグランとお酒(アルコール)

片頭痛の人もアルコールを飲む人は多いと思います。お酒の場で片頭痛が起きてしまうと、その場で薬を服用してしまう場合もあるのではないでしょうか。
本来アルコールは血管を拡張する作用があるので片頭痛自体にあまり良いとされていません。片頭痛薬をお酒が入っているとき、またはお酒で服用すると効果が薄れてしまいます。薬を服用するときは必ず水かぬるま湯で服用するようにしましょう。

イミグランの効果と特徴

錠剤

イミグランは急性期治療薬で片頭痛が起こったときに服用する薬です。有効成分はスマトリプタンです。片頭痛薬はそれぞれ違った特徴がありますが、イミグランの最大の特徴は即効性がありながらも、持続時間もあることです。

国内の試験ではイミグランを服用してから最短30分片頭痛が改善されたと報告があり、即効性があることが証明されました。持続時間もあるので服用してからの再発率も低くバランスの取れた片頭痛薬です。

服用してから速い効果を得られることでさまざまなメリットがあります。即効性があるので片頭痛の痛みをすばやく和らげることができます。片頭痛の発作が起こり、すぐに服用することで痛みを早い段階で取り除いてくれます。
前兆が無く、いきなり片頭痛が起こる人もしっかりと対応できるでしょう。

また、持続時間も長いので片頭痛の再発を抑えることができます。持続時間が長いと薬を服用する回数が減るので、薬物乱用頭痛になるリスクを下げることができます。

イミグラン イミグラン
頭痛が始まってから服用することですぐに痛みを抑えます。持続時間も長いので再発がしにくいバランスの取れた急性期治療薬です。

片頭痛薬は基本的に片頭痛が起きた時に服用するので食事の制限はないですが、もしも効き目がないと思ったら空腹状態で服用してみてください。空腹時に服用することで効果が出る場合があります。また、アルコールも避けるのが良いでしょう。アルコールは薬の効果を効きにくくします。薬の効果を薄めるだけじゃなく、片頭痛を引き起こす原因になる可能性があるので、片頭痛を患っている人は普段から飲酒を避けることが良いでしょう。

日本で始めてスマトリプタンが配合された薬

イミグランは第一世代のトリプタン系の薬で、トリプタン製剤の中で最初に発売された片頭痛薬です。イミグランが発売される前はエルゴタミン製剤という薬が片頭痛の治療に使われてきました。エルゴタミン製剤は血管を収縮させる作用があり、脳内の血管の拡張を防ぐことにより痛みを抑えます。

しかし、エルゴタミンは脳内だけの血管ではなく、体全体の血管を収縮するので手足が冷えやすく、妊娠中の女性などには使いづらい薬剤でした。薬の効果が出るまでに時間がかかることも欠点で、片頭痛の発作の直後、前兆の症状が出た直後に服用しないと効果が得られませんでした。飲み続けると習慣性がつくようになり、いきなり服用を止めると激しい頭痛を起こすなどの症状があり、扱いが難しい片頭痛薬でしたが、他に片頭痛に有効な薬が無く安価であったためずっと使われ続けてきたのです。

長い間片頭痛治療薬として使われてきたエルゴタミン製剤ですが、2001年に国内初のスマトリプタンを含むイミグランが販売されることで片頭痛の治療は大きく変わりました。イミグランの有効成分スマトリプタンは即効性があり、イミグランが登場したことで片頭痛が起こっても比較的速く対処できるようになったのです。また、イミグランは脳内の血管のみに作用するため、体への影響もエルゴタミンに比べて格段に少なく、習慣性もないので近年では片頭痛にはイミグランと言われるまでになりました。

イミグランの服用タイミング

女性

イミグランは片頭痛の発作が起きた時に服用する急性期治療薬です。予防的に服用する薬ではないので、毎日服用しないよう注意してください。薬物乱用頭痛に陥る可能性があります。

片頭痛には段階があります。痛みを抑えるには、片頭痛薬の服用タイミングが重要です。

  • 予兆:肩こりなどの軽い症状がでる
  • 前兆期:閃輝暗点や痺れなどの症状が出る
  • 頭痛期:頭痛が起こりだす
  • 寛解期:ピークを過ぎて頭痛などの症状が和らぐ

予兆や前兆期、寛解期に片頭痛薬を服用しても、薬の効果を最大限に得ることができません。効果が感じられなくなる場合もあります。
服用するタイミングは頭痛期です。頭痛が始まってからすぐに服用することでイミグランは最も高い効果を発揮してくれます。

前兆などの症状がある人はこれから片頭痛が起こることが分かるので、発作が起こる前に薬を服用しがちになりますが、薬の効果を最大限に得るためにも発作が起きるまで服用は待ちましょう。

イミグランの併用禁忌薬

錠剤

イミグランを服用する際に、飲み合わせに気をつける薬がいくつかあります。併用禁忌薬とは一緒に服用することを禁止されている薬で、一緒に服用してしまうと思わぬ健康被害に合う可能性があります。

  • エルゴタミン製剤(クリアミン、メテルギン、ジヒデルゴットなど)
  • ゾルミトリプタン(ゾーミック)
  • エレトリプタン(レルパックス)
  • リザトリプタン(マクサルト)
  • ナラトリプタン(アマージ)
  • MAO阻害薬

などの薬の併用が禁止されています。効果や副作用が強くなり過ぎてしまう危険性があります。またフルボキサミンやパロキセチンなどの抗うつ剤も注意が必要です。
現在服用している薬が気になる人は医者や薬剤師に相談しましょう。

イミグランの種類

片頭痛薬は錠剤のタイプが多いですが、イミグランは錠剤、点鼻薬、注射と種類が豊富なので錠剤が苦手といった人でも三種類から自分に合った服用方法を選ぶことができます。

イミグラン点鼻薬

イミグラン点鼻薬

イミグラン点鼻薬は国内で片頭痛に使われているトリプタン製剤で唯一の点鼻薬です。イミグラン点鼻薬の特徴は即効性です。言葉の通り鼻からの投与になります。鼻から投与することにより錠剤よりも速い効き目を期待できます。イミグランの錠剤が30分程で効果が出るのに対し、点鼻薬はほとんどの場合10分以内に片頭痛の改善がみられます。

吐き気や嘔吐などの症状を伴う人でも鼻からの投与なので吐き戻す心配が無く、片頭痛の症状を軽減してくれます。ただし点鼻薬なので鼻からノドに液体が落ちてくる場合があり、苦味を感じ吐き気を催したりすることもあります。

イミグラン点鼻薬の使い方


  • 鼻を清潔にします。鼻水などがある場合は鼻水をふき取ってから投与してください。
    (液体と鼻水が混じることで効果が下がります)
  • 投与する直前に袋からイミグラン点鼻薬を取り出します。花粉症点鼻薬などのように空噴射はしないでください。一回で使い切るタイプなので使えなくなってしまいます。
  • どちらかの鼻の下から入れて点鼻します。鼻からずれないように固定してしてください。
  • 液体が垂れると効果が下がるので、垂れないようにしばらくは鼻をつまみ口呼吸をして下さい。ノドに液体が入ると苦味を感じることがあります。

イミグラン点鼻薬の用法・用量

イミグラン点鼻薬もイミグランの錠剤と同様に片頭痛の発作が起こってから点鼻してください。一回の投与で一本を使います。効果が不十分な場合でも本数を増やしての点鼻はしないでください。一回につき一本です。

イミグラン点鼻薬の一日の点鼻は最大2本です。効果が不十分だった場合や片頭痛が再発してしまった場合は、最初の投与から二時間空けることで再度点鼻することができます。

片頭痛だけではなく20~40代の男性に多い群発頭痛にも効果があります

イミグラン点鼻薬の即効性と持続時間

イミグラン点鼻薬の特徴は即効性です。イミグラン錠もトリプタン系の中では比較的速く効果が現れますが、錠剤のほとんどの場合、胃や腸で錠剤を溶かすことで効果を発揮します。
点鼻薬は胃や腸などに一回取り込む必要が無く、鼻の粘膜に直接作用することで効果が速く現れます。錠剤は効果が出るまでに最短で30分程度と言われていますが、点鼻薬はその半分の10~15分程で効果が現れます。イミグラン点鼻薬ならいきなり片頭痛が起こってもすばやい対応ができます。

イミグラン点鼻薬 イミグラン点鼻薬
イミグラン点鼻薬は錠剤よりも即効性があり、片頭痛と群発型頭痛に有効です。10分~15分程で効果が現れます。

イミグラン注射

イミグラン注射は片頭痛にも効果的ですが、群発頭痛にも効果がある薬です。イミグラン注射はトリプタン系の中で唯一の注射薬です。群発頭痛は短い時間で猛烈な痛みが襲い、耐え切れないほどの痛みと言われています。イミグラン注射はトリプタン系でも最速の効果を持っているので、群発頭痛をすばやく抑えてくれます。

使い方としては片頭痛の発作が起こった時に使用します。群発頭痛も同様です。イミグラン注射を腕の外側や太ももの外側の皮下に注射します。一回につき1キットです。効果が不十分な場合は一時間以上空ければ追加で注射できます。ただし、イミグラン注射の一日で打てる注射のキット数は2キットまでなので気をつけましょう。

すばやく効くメリットはありますが、注射針が若干太めなので注射による痛みがあります。注射が苦手な人には錠剤か点鼻薬の使用をオススメします。

イミグランにはジェネリック医薬品があります!

イミグランのジェネリックを知ってますか?

最近では薬を処方される際に「ジェネリック薬にしますか?」など聞かれることが増えていたと思います。ジェネリック薬と言う言葉は聞きなれたけど、いまいち何のことなのかわからない人も多いと思います。利用した人は分かると思いますが、先発薬と効果や安全性は同じですが、ジェネリック薬は価格が安いです。

片頭痛薬だと先発薬の大体半分くらいの価格で購入することができます。価格が安いことは分かるけどその安さに疑問を持つ人も多く「効果が弱い」「副作用が強い」という理由でジェネリック薬を利用したことがない人もいると思います。同じ効果の薬なのに価格が安いのは、大抵の人は怪しんでしまうと思います。

しかし、ジェネリック薬は先発薬と同じ成分で同じ効果を持ちながら安く購入することができます。先発薬の特許が切れることで、先発薬を開発した以外の会社がすでに安全性や有効性が確認された成分を使用し製造しているからです。

薬の製造には研究費や開発費など莫大なお金と長い歳月を要します。ジェネリック薬は先発薬というお手本があるのでこれまでにかかってきた研究費や開発費などのコストを大幅に削減し、短い期間で開発できるため安く提供することができます。

安いからといって効果を弱めたり、体を害するということはありません。ジェネリック薬は国が認めている厳しい基準をクリアしています。安全な薬なので通販での販売や病院での処方ができるのです。イミグランのジェネリックはイミグランと比べて価格が非常に安いので、治療にかかる金額を抑えることができます。イミグランと同じ成分・効果なのでイミグランを服用している人はぜひ一度イミグランジェネリックを試してみてください。

備考 イミグランは錠剤、点鼻薬、注射の三種類ありますが、イミグランのジェネリック医薬品は錠剤タイプです。点鼻薬と注射のジェネリック医薬品はありません

イミグランのジェネリックの違い

手

イミグランのジェネリック薬とイミグランは成分・効果など全く同じです。違いは、見た目と金額だけです。先発薬と効き目や安全性が同じでないと販売することができません。

飲みにくい薬を形を変えることで飲みやすくしたり、コーティングを施すことで苦味を与えないように工夫したり、安全性を上げるために成分を追加することはあります。しかし、どの場合でも薬の効き目や安全性に影響しない範疇と定められています。見た目の違いから不安になる人と思いますが、先発薬よりいい薬を作ろうという目的で改良された結果、見た目の違いが出てきます

ジェネリック薬が安全で効果のある薬の理由としては先発薬のデータを基に作られているからです。先発薬は国の基準をクリアして、臨床試験をすることで安全性と効果が認められています。つまり、先発薬のデータを基にしたジェネリック薬も国の定めた基準を満たしたものしか使ってないので、安全性と効き目は保障されています。

先発薬に対してジェネリック薬は多数存在しますが、製造している会社が違います。メーカー別で同じものを作っているのです。ジェネリック薬を製造している会社で色や形に多少の違いはありますが、安全性と効果は変わりません。金額もさほど変わらないでしょう。ジェネリック薬は全て国の基準を満たし、許可しているので成分や効果、安全性、品質は先発薬と変わりはありません

イミグランのジェネリック薬は通販で購入がオススメ!

パソコン

イミグランのジェネリック薬は先発薬にかかったコストを大幅に削減して作られたため、病院ではもちろん、通販サイトでも安く購入することができます。成分、効果、安全性は全て先発薬のイミグランと同等です。違いは見た目と価格だけです。

先発薬のイミグランと比べるとジェネリック薬は、価格が安いので怪しむ人もいると思います。
しかし、病院で処方される薬も徐々にジェネリック薬に変わりつつあります。安くて医療費が抑えられるため、国がジェネリック医薬品を推奨しているのです。 ジェネリック薬は国が設けた様々な試験を行い、基準を満たすことで安全性や効果を保障しているので、安心して使用できます。

イミグランのジェネリック薬は個人輸入代行を行っている通販サイトを利用することで病院処方よりも安く購入できます。処方箋や診察などは必要なく、薬事法に従い販売しているので違法性はありません。購入の仕方は自分が欲しい薬を選んで支払いを済ませるだけです。個人輸入のめんどうな手続きなどは個人輸入代行業者がしてくれるので、アマゾンや楽天のような通販サイトと変わらずに利用することができます。

イミグラン以外の片頭痛薬

片頭痛薬はイミグラン以外にも多数販売されています。即効性のあるマクサルトや持続時間の長いレルパックスなどがあります。マクサルトは即効性に優れ、片頭痛をすばやく緩和してくれます。レルパックスはイミグランやマクサルト程即効性はありませんが、ずば抜けた持続性を持っているので、片頭痛の再発率が低いことが特徴です。片頭痛が一度起こると長続きしやすい人にオススメの片頭痛薬です。

また、マクサルトやイミグランはジェネリックも販売されています。ジェネリックは効果、効能など有効成分も全て同じですが、開発費用が抑えられているので格安で購入することができます。最近ではジェネリックという言葉が馴染んできたためか、マクサルトのジェネリック医薬品のリザクトやイミグランジェネリックなどが人気になっています。有効性と安全性ともに先発薬と変わらないので同じ効果で安く購入したい人はジェネリック医薬品の購入をオススメします。

イミグランジェネリックの体験談(女性 25歳)

女性

片頭痛を発症してから、1年くらい病院でイミグランを処方してもらっていました。イミグランは飲みすぎるといけないので一か月分しか渡されず、毎月一回は病院に通ってました。一錠1000円くらいで保険適用で300円程でした。一か月分10錠ほど処方してもらっていたので、薬代だけでも3000円程度はかかります。診察代や交通費などもろもろ含めると5000円はオーバーします。遊び盛りでもある歳だったので、毎月この出費は痛かったです。

なんとか出費を抑えたかったので、ネットでいろいろ調べました。すると、イミグランが通販で買えるという広告が出てました。クリックするとイミグランの通販ページに飛び、値段の安さ驚きました。すぐに購入しようと思いましたが、片頭痛薬がたくさんあったので他の薬も見てみたいと思い、スクロールしていくとイミグランのジェネリック医薬品がありました。その価格にびっくり!!処方されてた薬の半額くらいで販売されてました。一錠200円以下です。これからも使っていくことは考えると、この差額は大きいです。病院で処方してもらって、高い金額を払っていたんだなと後悔しました。もっと早く知りたかった。

次の片頭痛が起こらないうちにと思ってすぐに注文しました。手元に届くまでに多少時間がかかるようなので、片頭痛が起こらないかヒヤヒヤしましたが、発作は起こらずに済みました。

イミグランのジェネリック医薬品が届いてから数日経った時に、片頭痛が起こりました。飲むタイミングなどは同じなので、すぐにイミグランジェネリックの飲みました。効果が無かったらどうしようと考えていたのですが、問題なく片頭痛が治まり、一時間程で痛みがなくなりました。

一度、イミグランジェネリックを使ってからは手放せなくなりました。値段も安くて、しっかりと片頭痛も抑えてくれるのでとても助かります。ちなみに私はお薬なびで購入しました。海外発送だけど国内からは追跡番号でいつ届くか分かるので便利です。今後も使わせてもらいます。

▲このページの先頭へ