痛風の症状と原因|体の痛み改善作戦

インデラルの副作用・効果・通販方法を紹介。

  1. 片頭痛のオススメ治療薬
  2. 痛風の症状と原因

インデラルの気になる副作用とは?

インデラル

片頭痛予防薬のインデラルは、毎日服用することで片頭痛の症状の軽減や発作回数を減らすことができます。副作用はめったにないですが、重篤な副作用が起こることもあります。毎日服用する予防薬なので、万が一のためにも副作用を知っておきましょう。

  • 体がだるくなる
  • めまい

インデラルの主な副作用は2つです。体のだるさとめまいです。副作用は消化官出血によって起きてしまいます。消化管出血とは、簡単に言うと、貧血のことです。飲み始めにみられることが多いですが、普段ではめったに起こるような症状ではないのであまり神経質になる必要はありません。

その他にも以下のような症状が報告されています。

  • 低血圧
  • 倦怠感
  • 痺れ、冷え
  • 視力異常

もともとインデラルは循環器系の薬なので、上記のような副作用が少なからず起こっています。副作用がでることは稀ですが、注意しておくことが必要です。副作用が長引いたり、ひどい場合は早急に公共の医療機関を受診しましょう。

インデラルの重篤な副作用

インデラルを服用して重篤な副作用が起こることは稀ですが、万が一の時に備えて知識として覚えてきましょう。

心不全
心臓の動きが不十分になり脈の低下、息苦しさ、動悸などの症状がみられ、ひどい時には失神することもあります。

喘息発作の誘発
咳き込む、息切れ呼吸がしにくいなどの症状。

血液成分の異常
発熱、口内炎、皮下出血、鼻血、歯茎からの出血などの症状。


重篤な症状がでることは少なく、国内で2403名を対象とした試験では重篤な症状がでた人は一人もいなかったという報告があります。
インデラルは循環器系の病気の人に投与されていた薬なので強い作用がありますが、用法・用量を守ることで安全に服用できる薬です。自己判断で服用する量を増やしたり、自己流の飲み方をするのは非常に危険です。それこそ重篤な副作用に繋がってしまいます。


副作用に注意しましょう

インデラルの副作用は一時的な症状なので、さほど心配するようなことではありません。しかし、副作用の症状が重い場合や副作用が続くようであれば早急に医者に相談しましょう。

アレルギーのある人は服用前に係りつけの医者などに相談して服用するようにしましょう。アレルギー反応が起こってしまうと、重篤な症状に陥ることがあります。高齢者は心不全などの症状がでやすいので、医者の相談を仰ぎ、少量から服用するなどの相談をしましょう。一回に服用する用量を増やすことはやめてください。副作用を起こしやすくなります。

また、喘息の誘発する可能性があるので、息苦しさや呼吸が苦しくなるような症状が起きたら、すぐに病院で受診してください。副作用で血圧が下がり、めまいを起こすこともあるので、高いとこでの作業や自動車の運転などには十分に注意しましょう。


インデラルの効果と特徴

女性

片頭痛の痛みを抑える薬としてはマクサルトやイミグランのトリプタン製剤、それ以前から使われてきたエルゴタミン製剤などがあります。片頭痛の痛みが出てから使用する薬がほとんどで、発作が起こってからすぐに服用することで痛みをすばやく抑えられる有効的な薬です。しかし、急性期治療薬は一時的な対処法でしかなく、片頭痛を改善することは期待できません。

インデラルは毎日服用することで、片頭痛の症状を軽くしたり、発作の頻度を減少させることができる予防薬です。乱れた脈を整えることで心拍数を下げる薬で、不整脈や狭心症など症状が出ている人に処方されています。片頭痛への作用機序はまだ分からないことがありますが、様々な試験した結果、世界で有効性が認められています。欧米でもインデラルは片頭痛の予防薬として第一選択薬になっているほど片頭痛に効果的な薬です。

服用してから一時間ほどで効き始め、3~4時間程の持続時間があります。薬が体内にとどまる時間が極端に長くないので副作用などが起こっても大抵の場合すぐに消えます。

インデラルで片頭痛を改善しましょう

片頭痛が月に2回以上ある場合、急性期治療薬を服用しているが日常生活に支障をきたしている場合などにインデラルは使われます。片頭痛の痛みをすばやく取り除いてくれる、急性期治療薬に対し、予防薬のインデラルは毎日服用することで片頭痛の痛みを和らげたり、発作の頻度を減らすことができます。

一日に一錠服用するだけで片頭痛の改善ができ、急性期治療薬との併用も可能です。予防薬には急性期治療薬の効果を上げることもできるため、片頭痛が起こると吐き気や嘔吐などの症状が現れるひどい症状の人にもインデラルは有効です。

インデラルはあがり症にも効果的!?

女性

片頭痛薬であるインデラルはあがり症狭心症にも効果のある薬です。
会社でのプレゼン、結婚式の余興、面接など人前で注目されたり、話したりするのは少なからず緊張すると思います。緊張でガチガチになってしまい、声や手が震えたこともあるのではないでしょうか。インデラルを服用することであがり症や緊張よる体の震えを和らげることができます。

不安が強くなると脳の中でアドレナリンが分泌されるようになります。アドレナリンが分泌されると本能的に戦いの備えとして、いつでも体を動かせるように心拍数を上昇させます。その緊張状態を自覚することで不安や焦りなどが膨らんでしまい、さらに心拍数が上がってしまいます。インデラルは交感神経に作用することで緊張や不安から起こる震えなどの症状が出ないようにします。

片頭痛薬でもあるインデラルですが、最近ではあがり症や狭心症の改善に使われることも多くなりました。

インデラルであがり症対策

インデラルは服用してから効果が出るまでに一時間ほどかかります。あがり症の対策としてインデラルを使うなら、効果が出て欲しい時間から一時間前に服用するようにしましょう。

持続時間は3時間~4時間程度です。持続時間が極端に長くないため用法・用量を守ることで小児に対しても使用できるため安全性は高い薬といって良いでしょう。その際、併用している薬や副作用には気をつけてください。インデラルは飲み始めにめまいや倦怠感が稀に起こるといわれていますが、症状の軽い場合はほとんど問題ありません。ひどい場合は早めに公共の医療機関で受診するようにしましょう。


備考 インデラルは緊張や不安から起こる手足の震えなどを取り除いてくれますが、精神的な緊張や不安は取り除くことができません。精神的な要因を緩和したい場合は抗不安薬などを併用することも考えましょう。

以下のような症状にも効果があります。

本態性高血圧症
数回にわたる血圧検査で上が140以上、下が90以上の場合は、高血圧と呼ばれていますが、本態性高血圧症は血圧は高いが原因が分からない状態で、多くの高血圧の人が当てはまります。高血圧は二次性であり、内臓の疾患などが原因で血圧が上がりますが、本態性高血圧は原因ははっきりしておらず、お酒やアルコール、ストレスなどが原因ではないかと指摘されています。

狭心症
心臓に栄養を運ぶ冠動脈が、何らかの原因で狭くなり、心筋に送り込まれる血液が不足して、心筋に酸素が足りない状態になります。その危険信号として、胸の圧迫感やなどの症状が起こります。狭心症は多くの場合、動脈硬化が関連していますが、たいした動脈硬化がみられないにも関わらず、冠動脈が痙攣を起こし、急激に収縮する攣縮のタイプもあります。

褐色細胞腫手術時
良性の腫瘍ですが、高血圧をはじめとするさまざまな症状が起こり、心筋梗塞や大動脈解離、心筋症などの症状を合併する可能性があります。血圧や不整脈などの治療、減少した血液量を元に戻すため、インデラルが使われることがある。


インデラルの服用タイミング

砂時計

イミグランは急性期治療薬のマクサルトやイミグランとは違い、片頭痛を予防する薬です。毎日服用することで片頭痛の症状や発作頻度を軽減できます。急性期治療薬を服用しても効果がない場合、症状がひどい場合は併用することもできます。

インデラルは片頭痛の予防薬なので、発作があってもなくても、毎日決められた回数を服用することが重要です。急性期治療薬は一日で服用できる回数は最高2回でしたが、インデラルは予防薬のため一日に3回まで服用することができます。服用するタイミングは朝・昼・晩などに分けて服用してください。2回分を同時に服用することはやめましょう。副作用などが強くでることがあります。

▲このページの先頭へ