痛風の症状と原因|体の痛み改善作戦

インデラルの副作用・効果・通販方法を紹介。

  1. 片頭痛のオススメ治療薬
  2. 痛風の症状と原因

インデラルの気になる副作用とは?

インデラル

片頭痛予防薬のインデラルは、毎日服用することで片頭痛の症状の軽減や発作回数を減らすことができます。副作用はめったにないですが、重篤な副作用が起こることもあります。毎日服用する予防薬なので、万が一のためにも副作用を知っておきましょう。

  • 体がだるくなる
  • めまい

インデラルの主な副作用は2つです。体のだるさとめまいです。副作用は消化官出血によって起きてしまいます。消化管出血とは、簡単に言うと、貧血のことです。飲み始めにみられることが多いですが、普段ではめったに起こるような症状ではないのであまり神経質になる必要はありません。

その他にも以下のような症状が報告されています。

  • 低血圧
  • 倦怠感
  • 痺れ、冷え
  • 視力異常

もともとインデラルは循環器系の薬なので、上記のような副作用が少なからず起こっています。副作用がでることは稀ですが、注意しておくことが必要です。副作用が長引いたり、ひどい場合は早急に公共の医療機関を受診しましょう。

インデラルの重篤な副作用

インデラルを服用して重篤な副作用が起こることは稀ですが、万が一の時に備えて知識として覚えてきましょう。

心不全
心臓の動きが不十分になり脈の低下、息苦しさ、動悸などの症状がみられ、ひどい時には失神することもあります。

喘息発作の誘発
咳き込む、息切れ呼吸がしにくいなどの症状。

血液成分の異常
発熱、口内炎、皮下出血、鼻血、歯茎からの出血などの症状。


重篤な症状がでることは少なく、国内で2403名を対象とした試験では重篤な症状がでた人は一人もいなかったという報告があります。
インデラルは循環器系の病気の人に投与されていた薬なので強い作用がありますが、用法・用量を守ることで安全に服用できる薬です。自己判断で服用する量を増やしたり、自己流の飲み方をするのは非常に危険です。それこそ重篤な副作用に繋がってしまいます。


副作用に注意しましょう

インデラルの副作用は一時的な症状なので、さほど心配するようなことではありません。しかし、副作用の症状が重い場合や副作用が続くようであれば早急に医者に相談しましょう。

アレルギーのある人は服用前に係りつけの医者などに相談して服用するようにしましょう。アレルギー反応が起こってしまうと、重篤な症状に陥ることがあります。高齢者は心不全などの症状がでやすいので、医者の相談を仰ぎ、少量から服用するなどの相談をしましょう。一回に服用する用量を増やすことはやめてください。副作用を起こしやすくなります。

また、喘息の誘発する可能性があるので、息苦しさや呼吸が苦しくなるような症状が起きたら、すぐに病院で受診してください。副作用で血圧が下がり、めまいを起こすこともあるので、高いとこでの作業や自動車の運転などには十分に注意しましょう。


インデラルの効果と特徴

女性

片頭痛の痛みを抑える薬としてはマクサルトやイミグランのトリプタン製剤、それ以前から使われてきたエルゴタミン製剤などがあります。片頭痛の痛みが出てから使用する薬がほとんどで、発作が起こってからすぐに服用することで痛みをすばやく抑えられる有効的な薬です。しかし、急性期治療薬は一時的な対処法でしかなく、片頭痛を改善することは期待できません。

インデラルは毎日服用することで、片頭痛の症状を軽くしたり、発作の頻度を減少させることができる予防薬です。乱れた脈を整えることで心拍数を下げる薬で、不整脈や狭心症など症状が出ている人に処方されています。片頭痛への作用機序はまだ分からないことがありますが、様々な試験した結果、世界で有効性が認められています。欧米でもインデラルは片頭痛の予防薬として第一選択薬になっているほど片頭痛に効果的な薬です。

服用してから一時間ほどで効き始め、3~4時間程の持続時間があります。薬が体内にとどまる時間が極端に長くないので副作用などが起こっても大抵の場合すぐに消えます。

インデラルで片頭痛を改善しましょう

片頭痛が月に2回以上ある場合、急性期治療薬を服用しているが日常生活に支障をきたしている場合などにインデラルは使われます。片頭痛の痛みをすばやく取り除いてくれる、急性期治療薬に対し、予防薬のインデラルは毎日服用することで片頭痛の痛みを和らげたり、発作の頻度を減らすことができます。

一日に一錠服用するだけで片頭痛の改善ができ、急性期治療薬との併用も可能です。予防薬には急性期治療薬の効果を上げることもできるため、片頭痛が起こると吐き気や嘔吐などの症状が現れるひどい症状の人にもインデラルは有効です。

インデラルはあがり症にも効果的!?

女性

片頭痛薬であるインデラルはあがり症狭心症にも効果のある薬です。
会社でのプレゼン、結婚式の余興、面接など人前で注目されたり、話したりするのは少なからず緊張すると思います。緊張でガチガチになってしまい、声や手が震えたこともあるのではないでしょうか。インデラルを服用することであがり症や緊張よる体の震えを和らげることができます。

不安が強くなると脳の中でアドレナリンが分泌されるようになります。アドレナリンが分泌されると本能的に戦いの備えとして、いつでも体を動かせるように心拍数を上昇させます。その緊張状態を自覚することで不安や焦りなどが膨らんでしまい、さらに心拍数が上がってしまいます。インデラルは交感神経に作用することで緊張や不安から起こる震えなどの症状が出ないようにします。

片頭痛薬でもあるインデラルですが、最近ではあがり症や狭心症の改善に使われることも多くなりました。

インデラルであがり症対策

インデラルは服用してから効果が出るまでに一時間ほどかかります。あがり症の対策としてインデラルを使うなら、効果が出て欲しい時間から一時間前に服用するようにしましょう。

持続時間は3時間~4時間程度です。持続時間が極端に長くないため用法・用量を守ることで小児に対しても使用できるため安全性は高い薬といって良いでしょう。その際、併用している薬や副作用には気をつけてください。インデラルは飲み始めにめまいや倦怠感が稀に起こるといわれていますが、症状の軽い場合はほとんど問題ありません。ひどい場合は早めに公共の医療機関で受診するようにしましょう。


備考 インデラルは緊張や不安から起こる手足の震えなどを取り除いてくれますが、精神的な緊張や不安は取り除くことができません。精神的な要因を緩和したい場合は抗不安薬などを併用することも考えましょう。

以下のような症状にも効果があります。

本態性高血圧症
数回にわたる血圧検査で上が140以上、下が90以上の場合は、高血圧と呼ばれていますが、本態性高血圧症は血圧は高いが原因が分からない状態で、多くの高血圧の人が当てはまります。高血圧は二次性であり、内臓の疾患などが原因で血圧が上がりますが、本態性高血圧は原因ははっきりしておらず、お酒やアルコール、ストレスなどが原因ではないかと指摘されています。

狭心症
心臓に栄養を運ぶ冠動脈が、何らかの原因で狭くなり、心筋に送り込まれる血液が不足して、心筋に酸素が足りない状態になります。その危険信号として、胸の圧迫感やなどの症状が起こります。狭心症は多くの場合、動脈硬化が関連していますが、たいした動脈硬化がみられないにも関わらず、冠動脈が痙攣を起こし、急激に収縮する攣縮のタイプもあります。

褐色細胞腫手術時
良性の腫瘍ですが、高血圧をはじめとするさまざまな症状が起こり、心筋梗塞や大動脈解離、心筋症などの症状を合併する可能性があります。血圧や不整脈などの治療、減少した血液量を元に戻すため、インデラルが使われることがある。


インデラルの服用タイミング

砂時計

インデラルは急性期治療薬のマクサルトやイミグランとは違い、片頭痛を予防する薬です。毎日服用することで片頭痛の症状や発作頻度を軽減できます。急性期治療薬を服用しても効果がない場合、症状がひどい場合は併用することもできます。

インデラルは片頭痛の予防薬なので、発作があってもなくても、毎日決められた回数を服用することが重要です。急性期治療薬は一日で服用できる回数は最高2回でしたが、インデラルは予防薬のため一日に3回まで服用することができます。服用するタイミングは朝・昼・晩などに分けて服用してください。2回分を同時に服用することはやめましょう。副作用などが強くでることがあります。

インデラルの飲み方

一日30mgから服用して効果が不十分な場合に60mg、90mgと増やし、一日3回服用してください。インデラルは10mg、40mgが販売されているので、10mgなら3錠、40mgならピルカッターなどを使い錠剤を割ってから服用してください。即効性がなく、服用してもすぐに片頭痛を抑えることができないので、服用前に片頭痛が起こってしまった時は急性期治療薬を服用してください。

インデラルとお酒(アルコール)

お酒

インデラルとお酒の併用はあまり良いとは言えません。禁忌ではないのですが、薬本来の作用や副作用が強くなりすぎることがあります。重篤な副作用が現れることもあるので、インデラルを服用している時はお酒の併用はできるだけ避けましょう。

インデラルの併用禁忌薬

女性

インデラルは片頭痛の予防薬なので、片頭痛の症状の軽減と発作頻度の減少させることができます。しかし、あくまで予防薬なので即効性もなく、急な片頭痛を緩和することはできません。そのためインデラルは急性期治療薬との併用をすることができます。急性期治療薬といってもたくさんの種類があり、その有効成分などでも併用できない薬があります。

インデラルの併用禁忌薬はひとつしかありません。有効成分をリザトリプタンとするマクサルトです。マクサルトは即効性もあり、人気の片頭痛薬ですが残念ながら、インデラルとの併用はできません。インデラルがマクサルトの代謝を阻害する可能性があるとされていて、併用してしまうと、マクサルトの作用が強くなる可能性があるからです。作用が強くなる原因は分かっていませんが、代謝が阻害されると本来マクサルトが体内から消失される時間になっても、消失されないのでめまい、貧血、ふらつきなどの症状が起こる場合があります。

またマクサルトのジェネリック医薬品の「リザクト」も有効成分は同じくリザトリプタンなので併用はできません。リザトリプタン (マクサルト)を服用する場合はインデラルの服用後24時間は必ず空けるようにしてください。

生活に支障を来たし、急性期治療薬と併用する場合はマクサルト以外のイミグランやレルパックスなどを選ぶようにしましょう。

オススメ片頭痛治療薬

併用注意

β遮断薬を含有する点眼薬
緑内障に用いる目薬でβ受容体を遮断する薬。同じような作用があるので併用には注意。目薬といっても体内に吸収されるので併用すると作用、副作用を強めることがあります。併用する場合は目薬の量などに気をつけましょう。

高血圧や心臓に作用する薬
高血圧を抑える、ジルチアゼムやベラパルミ、心臓の薬のジギタリス、抗不整脈薬、多発性硬化症治療薬などは併用すると除脈が起こる可能性があるので注意してください。

鎮痛剤
降圧作用が弱まる可能性があります。

血糖降下剤(インスリンなど)
血糖降下作用が強くなることがあり、低血糖症状が分かりづらくなることがあります。

インデラルを安全に服用するためにも併用禁忌薬・注意薬は守るようにしましょう。自己判断で量の調節・中止も危険です。急に中止してしまうと、狭心発作などが反発的に起こることがあるので気をつけましょう。併用や中止など気になることがあれば、医者に相談するのが良いと思います。

インデラルを服用できない人

インデラルは持病などによって服用できない人もいます。

インデラルに対し過敏反応が出たことがある人
インデラルを服用することによって、喘息や気管支痙攣の可能性がある人。 気管支を収縮し、喘息の症状が誘発されたり、悪化する可能性があります。

代謝性アシドーシス、糖尿病性ケトアシドーシス
糖尿病の高血糖性の急性代謝失調で、極端にインスリンが不足して発祥します。若い人が発症しやすく、高血糖の症状や嘔吐、悪心、腹痛などの消火器官の症状、浸透圧利尿による、脱水症状などの症状がみられます。

除脈や房室ブロック、洞房ブロック、洞不症候群
心臓に伝達する電気信号が停止してしまい、めまいや目の前が暗くなったり、瞬間的に気が遠くなったりします。服用すると症状が悪化する可能性があります。

心原性ショック
心機能を抑制するため、症状が悪化する可能性がある。

うっ血性心不全
心機能が悪くなり、全身に十分な血液が循環できなくなった状態。服用すると心機能を抑制するため、症状が悪化する場合がある。

低血圧症
症状としては頭痛やめまい、立ちくらみなどがでます。服用すると、心臓に負担をかけるので症状が悪化する場合がある。

長期間絶食状態の人
長期間絶食状態が続くと低血糖を起こしやすくなり、服用することで発見が遅れる危険性ああります。

重度の末梢循環障害
寒い時期に手足が冷えやすい、冷えたときに痺れを感じるなどの症状があり、ひどくなるとレイノー現象が出てくるようになる。インデラルを服用すると、症状が悪化することがあります。

異型狭心症
一定の時間や決まったキッカケにより、胸の圧迫感、息切れなどの症状が起こります。心機能の低下が原因であることもあるため、インデラルを服用すると悪化してしまいます。

マクサルト、リザクトを服用している人
併用すると互いの作用が強くなり、副作用が起こりやすくなります。



インデラルにはジェネリック医薬品もある!

女性

近頃良く耳にするジェネリック医薬品。病院で処方される薬もジェネリック医薬品が増えてきました。ジェネリック医薬品と言うのは簡単に言うと先発薬の効果・安全性はそのまま飲みやすくしたり、価格を安くしています。インデラルにもジェネリック医薬品があります。インデラルジェネリックです。

インデラルジェネリックは先発薬のインデラルと効果・安全性で非常に安く手に入れることができます。価格は10mgなら一錠23円、100錠で2380円。40mgでも一錠38円で購入でき100錠で3800円です。もちろん片頭痛薬としても効果もありますし、あがり症や狭心症の効果も充分に期待できます。

ジェネリック医薬品の安さと見たみの違いのわけ

ジェネリック医薬品の価格が安いのは先発薬にかかった莫大な研究費や開発費をカットできているからです。先発薬ですでに有効性や安全性がある成分を使用しているため、開発期間や費用が安く済むのです。手抜きや効果を薄くしてるから安くしてるのではありません。国の基準をクリアして、先発薬と同様の効果・安全性があることが認められているので販売できるのです。病院でも処方されているので安心・安全に服用できます。インデラルと同じ効果なので、用法・用量も同じで、併用禁忌薬なども全て同じです。

しかし、効果や安全性は同じではありますが、見た目には違いがあります。色や形が違うので、ほんとに効果があるのか心配になる人も少なからず居るでしょう。見た目に違いがあるのは先発薬の飲みやすさなどに関係があります。飲み込みにくい形状なら飲みやすく、苦味のある薬なら苦味を感じにくいようにコーティングするなどの工夫をしたりするので、形状や色に違いが出てきます。

また、ジェネリック医薬品はひとつではなくいろんな製造会社が作っているので形・色は様々です。先発薬の特許が切れることで製造会社がジェネリック医薬品を作れるようになります。各製造会社がいろんな工夫をこなしジェネリック医薬品を出すのでメーカーでも見た目に違いが出てきます。形や色などの違いはありますが、ジェネリック医薬品は先発薬と同等の効果と安全性と国から認められた薬ですので、安心・安全に服用することができます。

インデラルは通販が絶対お得です!

インデラルは通販が絶対お得です!

インデラルは通販を利用することで病院よりも安く手に入れることができます。インターネットが使えるとこなら「24時間365日」いつでも注文できるので、忙しい人も病院に行く時間を割かずに購入できます。

病院に行くのが面倒な人や家から病院が遠い人にも通販で購入することは多くのメリットがあります。まず、通販は余計な費用がかかりません。病院で薬を処方してもらう場合、初診だったら初診料がかかり、薬代、さらに細かいことを言うと交通費などの費用がかかってきます。薬を処方してもらうのに交通費など余計な出費はしたくない人が多いと思います。通販なら初診料や交通費などの費用をかけずに最低限の出費でインデラルを購入することができます。通販の場合は送料がかかってきますが、それでも断然通販が安く収まります。

片頭痛の場合は一度発作が起こると日常生活に支障をきたすこともあるので、病院に行く時間がないからなどの理由で通院できないことは致命傷になってきます。そのような場合にも通販であれば病院に行くこともなく、いつでも空いた時間でインデラルを購入することが可能です。通販でも購入のし忘れなどでインデラルが切れた場合は今後の片頭痛の状態を左右するので、必ずなくなる前に購入することを心がけましょう。インデラルは毎日服用する片頭痛予防薬なので定期的に購入することをおすすめします。

病院で処方してもらうメリット

いくら通販が便利、安いからと言っても通販で薬を購入することに対する不安がある人はいると思います。その大半は効果や副作用に対する不安ではないでしょうか。「ほんとに効果はある?」「副作用が心配」など。場合によっては薬だけを購入して、用法・用量が分からず多く服用したり、少なく服用したりする人もいるかも知れません。 病院を受診すれば、医者が現状の状態を確認し適切な判断で薬を処方してもらえるます。どのくらいの量を服用したらいいのか、副作用が起こったときの対処法など事細かに聞けることが病院のメリットでしょう。

しかし、片頭痛は一度発症すると長い付き合いになります。風邪などのように薬を服用したらすぐに熱が下がったり、体調が戻ったりするようなことはありません。症状の改善はみられますが、すぐに片頭痛を治すような薬はなく、片頭痛予防薬のインデラルは効果が出るまでに最低でも二ヶ月必要とします。もちろん最低でも二ヶ月ですから、個人差によってもっと長くなることもあります。

インデラルは効果が出るまでの期間が長いため状態の変化がすぐにはみられません。そのため通院しても薬だけを処方されて終わることもあるでしょう。上記でも話しましたが病院を受診するには交通費などの費用もかかってきます。薬をもらうだけなら、通販でも可能です。通販ならまとめ買いすることも可能で、サイトによってはまとめて買うことでさらに安く手に入れることもできます。

始めは病院で受診して医者の指導のもと薬を処方してもらい、用量や飲み方などを把握したうえで次から通販で購入するという手段もあります。通販でインデラルを購入、服用をして後に状態が気になる人はその都度病院を受診することも良いと思います。インデラルが購入できるリンクを下記に掲載しているので、通販が気になった人は一度目を通してみてください。

※片頭痛予防薬のインデラルはこの度個人輸入ができなくなります。
つきましては、片頭痛予防薬で体への負担が少ないシベリウムをオススメします。

片頭痛予防薬のシベリウムの購入はこちら

▲このページの先頭へ