痛風治療薬ザイロリック|体の痛み改善作戦

レルパックスの副作用・効果・通販方法

  1. 片頭痛のオススメ治療薬
  2. 片頭痛治療薬レルパックス

レルパックスの副作用とは?

レルパックス

レルパックスは持続時間が長く片頭痛の再発率が少ないことが特徴です。再発率が少ないことで人気は高いですが、持続時間が長いということは、体に薬がとどまっている時間が長いということなので、副作用には気をつけなければいけません。比較的に副作用が少ない片頭痛薬ですが、万が一の場合に備えて副作用を知っておきましょう。

レルパックスはマクサルトやイミグランと同系の片頭痛薬なので、副作用の症状は似ています。めまいや吐き気、倦怠感などが主な症状で、その他にも眠気、火照り、体の痛みなどが副作用の症状として現れます。また、個人差はありますが、レルパックスの飲み始めに圧迫感や胸や喉のつかえ感を訴える人もいます。

重篤な副作用としては狭心症、心筋梗塞などを含む心臓の異常が起こり、動悸、胸の痛み、脈の乱れ、締め付けられるような胸の痛みなどの症状が報告されていて、アナフィラキシーショック、てんかん様発作も重篤な副作用として挙げられています。アンフィラキシーショックはアレルギーにより起きる症状なので、レルパックス自体が悪いわけではありません。ほとんどの薬の副作用として表記されています。てんかん様発作は、けいれんや最悪意識を失うような症状に陥ることがあります。しかし、そのようなケースになることはめったにありません。

アナフィラキシーショック
アレルギー物質を摂取したり、接触することで起こり、ハチの毒や食べ物、薬物などの原因でなることが多くあります。症状としては、全身に蕁麻疹がみられたり、嘔吐や下痢、腹痛などのさまざまな症状が起こります。

てんかん様発作
てんかんの症状は部位によってさまざまですが、過剰な興奮性の電気信号が脳の一部に送られると、痙攣などの症状が現れます。

心臓の異常
狭心症や心筋梗塞などに影響がある場合があります。胸の圧迫感や違和感、動悸を起こすことがあります。


軽度の副作用の場合はすぐに消えてしまう症状なので大抵問題はありません。動悸や違和感等の心臓に関する症状も心電図検査を受けておけば安心です。国内での報告はありませんが、海外では不整脈や狭心症の報告があるので、とくに中高年の人は注意してください。

重篤な副作用も報告されるのが稀な程、めったにない症状ですが、初期症状などがあった場合、副作用が治まらない場合は早急に病院で受診しましょう。


注意 レルパックスを服用して、胸の圧迫感や痛みなどの一過性の現れるような場合があり、虚血性心疾患と思われる場合は、すぐに服用を注意して適切な検査を受ける。

心血管系の疾患がない人でも、重度の心疾患が稀に生じることがあり、このような場合は服用を中止して、適切な処置を行いましょう。また、服用後に眠気を催すことがあるので、服用後は高所での作業や自動車の運転は十分に注意しましょう。

レルパックスの効果と特徴

女性

レルパックスは片頭痛の痛みが起こってから服用する片頭痛薬です。拡張した血管を収縮させたり、血管周囲の炎症を取りのぞくことで、片頭痛の痛みを緩和します。
従来の片頭痛薬は片頭痛が起こってからすぐに服用しなければ、効果が薄くなることがあったのですが、レルパックスは片頭痛の痛みが起こってから、しばらく時間が経った後の服用でも効果があります。

また、レルパックスは比較的即効性があり持続時間も長いため他のトリプタン系の片頭痛薬より再発率が低くく副作用が出にくいことも特徴です。予防薬のような症状の軽減、発作回数の減少などの治療はできませんが、頭痛が起こったときの対処として優れた効果を発揮します。

レルパックスの効果

レルパックスは片頭痛に対して比較的すばやく頭痛を治め、持続性が優れていることから、再発率が少ない片頭痛薬です。片頭痛は何らかのキッカケで脳内の血管が拡張して、頭が痛み出すのですが、鎮痛剤では痛みを感じにくくさせるだけなので、効果が切れると再び頭が痛み出します。

レルパックスは痛みを感じにくくさせるのではなく、脳の血管に直接作用して拡張した血管を収縮することで頭痛を抑えます。また、片頭痛に伴う悪心や嘔吐、光や音、においの過敏反応の症状も抑え、作用時間が長く、服用した日は頭痛の再発がほとんどないので、日常生活への影響を最小にとどめてくれます。

レルパックスの有効性

レルパックスの有効性は以下のようなことが挙げられています。

経口トリプタン系片頭痛治療薬として
脳内のセロトニン受容体を選択的に作用することで片頭痛に効果を発揮し、頭痛が起きた時に服用することで効果が得られる。

すばやい頭痛改善効果
レルパックスを服用してから2時間後には頭痛の改善効果がみられた。

片頭痛の再発抑制効果
レルパックスを服用してから24時間以内の再発率は20mgで10%、40mgで17%であった。服用してない時と比べて再発時間は約11時間延長された。

日常生活の改善
片頭痛に伴う吐き気、嘔吐、光過敏、音過敏などの症状が改善された。 勉強や仕事、家事などの日常生活の影響も改善された。

安定した改善効果
複数回起こった片頭痛に対し同一量を使用しても、効果の変動が少なかった。

国内と外国での試験での副作用の発現率
国内、外国で行った試験では副作用の発現率は28.4%であった。

上記で説明している通り、レルパックスは片頭痛への高い効果を発揮します。即効性もあり、すばやく頭痛を治めることができ、持続性が長いので、再発率も他の片頭痛薬に比べて低いです。従来では片頭痛の治療にエルゴタミンが使われてきましたが、片頭痛の有効性から、現在では広くレルパックスが使われています。

レルパックスの飲み方

女性

レルパックスは片頭痛が起きた時に早めに服用することで効果を発揮します。前兆がある場合は前兆の後に服用し、前兆がない場合は頭痛が起こってから10分以内に服用すると効果的とされています。

レルパックスの服用ポイント

タイミング
片頭痛が起こってから早めに服用しましょう。前兆が起こっているとき、片頭痛が起こりそうだなと感じた時に服用すると効果が薄れる可能性があります。


症状が軽い時や重い時でも一回につき一錠を服用しましょう。自己判断で薬の量を減らしたり、増やしたりするのは危険です。

方法
水、またはぬるま湯で飲むようにしましょう。グレープフルーツジュースでは飲まないようにしてください。薬の効果を強める可能性があります。

飲み合わせ
一緒に飲んではいけない薬、食べ物があります。副作用を強くしたり、効果が薄くなることがあります。

服用するタイミングとしては、片頭痛が起こってからすぐに服用することが良いでしょう。レルパックスは頭が痛み出してから服用しても良い効果が得られるとされていますが、効果が最大に発揮できるのは頭痛が起こってからすぐになります。できるだけ、発作が起こってから10分以内に服用することを心がけてください。

また、薬の用法・用量は守りましょう。自分の判断で薬の量を減らしたり、増やしたりすると効果が薄れたり、副作用が出やすくなってしまいます。効果が不十分の場合は追加で服用できますが、必ず2時間以上空けてから服用してください。

飲み合わせが悪い薬

エルゴタミン系製剤(片頭痛薬)

レルパックスが使われる以前から片頭痛の治療薬として使われてきた薬です。現在でもトリプタン系の片頭痛薬が効かない患者に処方されることがあります。

トリプタン製剤(片頭痛薬)

片頭痛を和らげる効果を持つトリプタン製剤ですが、レルパックスと併用はいけません。作用が強くなり、副作用も出やすくなります。(マクサルト、リザクト、イミグラン、ゾーミック、アマージは併用してはいけません)

飲み合わせが悪い薬は避けることが良いでしょう。副作用などで重篤な症状に陥ることもあります。レルパックスの効果がなく、他の片頭痛薬を服用する場合は24時間以上空けて服用してください。

また飲み合わせに注意しなければいけない薬があります。クラミジアや細胞内寄生菌、マイコプラズマなど感染症に用いる抗生物質のマクロイド系抗生物質と抗うつ剤は併用すると副作用が出やすくなります。併用する場合は医者、薬剤師に相談しましょう。

飲み物ではグレープフルーツジュースが飲み合わせが悪く、レルパックスの作用を強くする可能性があります。レルパックスを服用する時は水かぬるま湯で服用しましょう。健康食品に含まれるセイヨウオトギリソウは作用を弱くする可能性があるのでこちらも併用はやめましょう。

レルパックスの通販方法

女性

レルパックスを購入しようと思っても、「どこで購入したらいいのか」「ほんとに効果はある?」などの疑問がある人もいるのではないでしょうか。ここではレルパックスの通販方法を紹介します。

レルパックスはどこで購入するの?

レルパックスは通販を利用することで購入できます。通販と聞くと大半の人は楽天やアマゾンなどの大手通販サイトを想像すると思いますが、レルパックスは楽天やアマゾンでの購入はできません。

レルパックスを購入できるのは個人輸入代行を行っているサイトだけになります。個人輸入代行は個人輸入する際にかかる、関税や住所の登録などの手続きなどを代行してくれます。個人輸入代行をしているサイトを利用することで面倒な手続きが一切無くレルパックスを購入できます。必須事項として住所、氏名、電話番号などは記入しなければなりません。また海外発送のため手元に届くまでに多少日数を要します。

レルパックスの値段

女性

レルパックスを通販で購入する場合、病院で購入する場合と比べて価格が非常に安く済ますことができます。病院片頭痛薬をで処方してもらうと一錠約1000円します。保険適用で300円程です。1ヶ月分、約10錠前後を処方してもらうとなると薬代だけで約3000円はかかってしまいます。しかし、通販で購入すると一錠当たり約225円で購入することが可能です。片頭痛は一度発症すると長期間の治療になるため、薬が高いと莫大な費用がかかってしまいます。そのため服用をためらったり、購入することができないといったことになってしまっては、自分を苦しめるだけです。

また、通販を利用するとレルパックス以外の片頭痛薬の購入も可能です。マクサルトやイミグラン、スミナット、また予防薬のシベリウムやインデラルも購入することができます。さまざまな片頭痛薬、予防薬から価格や症状に合わせて選ぶことができます。自分に合った片頭痛薬を見つけてください。

レルパックス以外の片頭痛薬

片頭痛薬は個人差で効果に有無があります。レルパックスで片頭痛の症状が治まらない場合は、他の片頭痛薬を試すことをおすすめします。また、頭痛のタイプが違う場合もあるので、一度病院で症状を再確認することも非常に大切です。

急性期治療薬以外にも、毎日服用することで症状の緩和と発作頻度を減少ができる予防薬もあります。片頭痛は人によって症状がざまざまなので、自分にあった薬を選ぶようにしましょう。

マクサルト マクサルト
海外、国内問わず片頭痛を患っている人に大人気のマクサルト。片頭痛薬の中でも即効に優れ、すばやく片頭痛の痛みを和らげます。片頭痛が起こってから30分以内に服用すると効果的に作用します。一時間程で効果が出てので、前兆のない片頭痛でもしっかりと対処できます。


イミグラン イミグラン
即効性と持続性のバランスが良いイミグラン。錠剤だけでなく、点鼻薬、注射の三種類があるので錠剤が苦手な人でも無理をせずに、偏頭痛の痛みを取り除くことができます。ジェネリック医薬品もあるので、安価で手に入れることができます。
シベリウム 片頭痛予防薬シベリウム
予防薬は発作の減少、症状の軽減をすることができます。片頭痛薬と併用も可能なので片頭痛を改善しながら服用できます。シベリウムは体への負担も少ないため、高齢者でも服用できます。国内では販売されていませんが、通販を利用すれば一錠60円と安く手に入れることができます。

インデラル 片頭痛予防薬インデラル
インデラルは片頭痛の改善ができる予防薬です。毎日服用することで、片頭痛の痛みの原因となる血管の拡張を抑制し、発作の回数を減少できます。発作が起こった時にも痛みを軽減してくれるので、片頭痛の人に人気のある薬です。
▲このページの先頭へ